「大腸菌は悪玉菌?」~広島大学履修生日記(食品微生物学 第16回)

今週はいよいよ、
広島大学生物生産学部の食品微生物学
期末試験になりました(^^;


試験の前に、
最終の講義で受けた小テストの結果を受け取りに、広島大学まで行ってきました(^^)

前回の結果は、3点満点中
3点でした(^^)/

これで、これまでの小テストの合計点数は、42点(3点×14回)満点中
34点点で、平均で
約8割となりました(^^)


その際に、前回と前々回の私の質問の回答も返ってきましたので、ご紹介します。


オリゴ糖は腸内細菌のエサになるのですが、なぜ糖類の中でもオリゴ糖だけが消化・吸収されずに腸内細菌のエサになるのでしょうか?

→ オリゴ糖は、通常、糖が10個程度まで結合したものを言いますが、人にはこれらを分解する酵素がないため、胃や腸で消化・吸収されずに、腸内細菌のエサになります。

オリゴ糖は、同じく腸内細菌のエサとなるイヌリンと同じく、食物繊維の一種になります。



オリゴ糖や、水溶性食物繊維である
イヌリンなどは、
人は分解酵素を持たないのですが、腸内細菌などの
微生物は分解酵素を持つため、それらをエサとして成育できることになります(^^)/

ちなみに、
草食動物も、
食物繊維を分解する酵素は持たないのですが、人などの肉食動物にいる腸内細菌が分解できない、
セルロースなどの不溶性食物繊維も、
草食動物にいる腸内細菌は分解でき、それらから
アミノ酸(たんぱく質)を作ることができるのです(^^)

つまり、
肉食動物と草食動物の違いは、
腸内細菌の違いで、多くの食物繊維をエサとして、
たんぱく質などの栄養素を作り出すことができるかどうかということになりますね(^^)/



大腸菌は悪玉菌と言われていますが、善玉菌とか悪玉菌とかは、分かりやすさのために呼ばれている言葉で、必ずしも明確には区別できないとの話も聞きます。

例えば、大腸菌には、身体に有益な作用はないのでしょうか?


→ 大腸菌は、腸内細菌の中でも、「有害かつ有益」に分類されています。

大腸菌は、一般的には悪玉菌に分類されていますが、免疫機能の刺激などの有益な作用も有しています。

他の悪玉菌についても、有益な作用を有している場合があるので、必ずしも、全てが有害作用だと言うわけではありません。



例えば、
生まれたての赤ちゃんの腸内には、まずは
大腸菌が増殖し、それから
ビフィズス菌が増えてきます

これは、生まれた頃の腸内では、まだ酸素濃度が高いため、
酸素があっても成育できる大腸菌が増殖し、ビタミンなどの栄養素も作ってくれます(^^)

その後、酸素濃度が低くなると、
酸素なしで成育できるビフィズス菌が増えてきて
腸内フローラを形成していくことになるのです(^^)/

このように
大腸菌にも大切な役割があり、他にも免疫機能の刺激などの有益な作用もあるため、
有害な作用だけでなく有益な作用も有しているのです(^^)/


詳しくは、以下の
Facebookの吉冨さんの投稿をご参照ください(^^)

『赤ちゃんと大腸菌の関係(Facebookへリンク)』



そして、昨日、期末試験当日となりました(^^;

期末試験は60点満点ですので、
少なくとも半分できていれば、小テストと合せて
合格(60点)にはなります。

しかも、
期末試験の半分は小テストから出題
されるとのことですので、毎回しっかり出席していて、小テストをきちんと勉強していれば、
C(可:60点から70点未満)は取れることになります。

しかし、私には、この小テストでの
穴埋め問題(小テストの問題文からも出るとのこと)が
一番難問で(^^;
よく分からない用語や、英語を丸暗記しろと言われても、
ちっとも覚えられません(>_<)

むしろ、
論述問題の方が、考え方を理解していれば
解答するのは何とかなるので、暗記の得意な最近の学生用の試験は、私にはかえって難しいことになりました(^^;


いよいよ、期末試験が開始となり、時間は60分、問題を見ると、予告通り、30点は小テストからの穴埋め問題で、残りは、用語説明や論述問題です。

ちなみに、どのような問題があったのか、いくつかご紹介しますね(^^)


【問3】 単発酵式と並行複発酵式について、それぞれ実例を挙げながら説明しなさい(4点)

これは、
ワインと清酒(日本酒)の製造工程で説明すれば良いので、
割と簡単ですね(^^)


【問5】 アルコール発酵(エタノール発酵)の反応式を書きなさい(2点)

化学式なんか、学生の頃にやったきりで、全く覚えていませんから、
即パスです(笑)


【問7】 ラクトースオペロンの「生の調節」と「負の調節」について説明し、それぞれのグルコース効果との関係について詳しく説明しなさい(8点)

みなさんは、何のことか分からないと思いますが(^^; 講義の中でもかなり難しい話で、しかもレジュメでは英語で書かれていたという代物なので、私も
理解するのに手こずりました(^^;

でも、講義で担当教授が、
「ラクトースオペロンか、トリプトファンオペロンのどちらかは期末試験に出すので、しっかり勉強しておくように」、と言っていたので、
しっかり勉強していた学生は楽勝だったと思います。


解答を書き終えて、ざっと見たところ、
8割前後はできていそうなので、小テストと合せると、
A(優 80~90点)
B(良 70~80点)にはなりそうでしたので、これで良しとしました(^^)


試験が終わって、試験勉強のために借りていた図書を、図書館に返しにいくと、期末試験はこの日から始まりなので、
多くの試験を抱える学生たちが、
必死で勉強をしていました(^^;






時間は、まだ10時過ぎで、昼食には早かったので、いつも大学の帰りに寄っているスーパーで買い出しをして、自宅で料理することにしました(^^)/

この日の買い物は、
鶏皮、あじ刺身用、ズッキーニ(黄・緑)、ゴーヤ、なすと
新鮮で美味しい食材がたくさんなのに、
約940円とお安く買い物ができました(^O^)/




帰宅して作ったのは、
ズッキーニ(黄・緑)・なす・トマト・舞茸と鶏皮のカリカリ炒め(バジル添え)です(^^)/




これで、前期の
食品微生物学は終了となり、これから後期が始まる
10月までは夏休みになります(^^)

試験結果は、お盆明けに発表とのことなので、そのときに大学に行ってきますが、2カ月弱も大学に行かないのは
少し寂しいですね(^^;

でも、後期からは、
食品栄養学の講義となり、さらに面白くなりそうなので、
今から楽しみです(^O^)/


『広島大学履修生日記(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR