「乳酸は身体に良い?悪い?」~「ダイエット」通信(補足号その77)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その77です(^^)/

今回は、
乳酸は身体に良い?悪い?についてお話しますね(^O^)/


乳酸は、「ダイエット」通信でもお話ししたように、糖質が解糖系で代謝されるときに、ピルビン酸という物質ができるのですが、このときに、
酸素が十分になかったり、ビタミンB1が不足していると、ピルビン酸がミトコンドリアで代謝できないので、
ピルビン酸が乳酸に変わることで生じるということでしたよね(^^)

『「痩せない理由はビタミン・ミネラル不足?」~「ダイエット」通信(補足号その76)(ブログへリンク)』


ですので、例えば、
息が上がるようなきつい運動を行うと、酸素不足になり、乳酸が生じますので、そのままの状態だと、同時に生じる疲労物質とともに、
疲れやコリの原因になってしまうのです(^^;


一方で、
乳酸菌は腸の中で善玉菌として、腸内環境を改善し、免疫力を向上させるなどの
身体に良い働きを行うのでしたよね(^^)/

『「腸内環境の大切さ」~「ダイエット」通信(第7号)(ブログへリンク)』


しかし、乳酸菌も乳酸を生み出しますので、乳酸も身体に良い働きがあると思われるのですが、
先ほどお話ししたように、乳酸は、コリなどの原因にもなることを考えると、

果たして
乳酸は身体に良いのでしょうか

それとも
乳酸は身体に悪いのでしょうか

乳酸


乳酸は、先ほどもお話ししたように、解糖系から生じたピルビン酸が、酸素やビタミンB1などが不足していたときに、変化して生じるものです。

また、乳酸は、乳酸菌から生じる物質でもあります。


これらの乳酸は、いずれも同じもので、
乳酸には周りを酸性にしていく性質があります。

乳酸が程よく生じているときには、
適度な酸性を保つことになるため、例えば、
酸性に弱い
悪玉菌の働きを抑え、酸性に強い乳酸菌などの
善玉菌を活性化
することになります(^O^)/


しかし、
乳酸がどんどん蓄積していくと、周りの酸性が進行していくため(pHの低下)、それに伴い
筋肉が硬直していき、コリになったりするのです(>_<)


一方で、乳酸は、
酸素とビタミンB1などが十分にある環境になると、ミトコンドリアで代謝されて
エネルギーに変わることができます(^^)/

ですので、例えば、
息が上がるようなきつい運動の際に生じた乳酸も、その後
十分に呼吸を行うことで酸素を供給し、
ビタミンB1なども十分に摂ることで、ミトコンドリアで代謝され、エネルギーに変わることができますので、
乳酸も消滅します(^O^)/

ビタミンB1に疲労回復効果があると言われるのは、こういう理由だったのですね(^^)


また、
乳酸菌についても、乳酸とともに、
ビタミンB1などのビタミン合成を行いますので、ミトコンドリアで代謝され、
乳酸が蓄積することはありません(^O^)/



このように、
乳酸は一時的に生じるのであれば、適度な酸性状態を作りだしたり、ミトコンドリアでエネルギーとして代謝されますので、
身体に良い働きになるのです(^^)/


問題は、乳酸が蓄積していく状態です(^^;


酸素不足や、ビタミンB1などが不足している状態が続く
と、乳酸がミトコンドリアで代謝することができませんので、
乳酸が蓄積していくことで、pHが低下していき、
硬直が進んでいくことになります(>_<)


例えば、
死後硬直も、死亡すると酸素供給がストップしますので、死亡後も活動を続ける
解糖系が乳酸を作りだし続けることにより生じるものなのです(>_<)

また、
乳酸が蓄積していくと、pHが低下し、
正常細胞や免疫細胞の働きは悪化していく一方で、
がん細胞にとっては非常に活動しやすい環境になるのです(>_<)

がん細胞は、ブドウ糖をエネルギー源として、
乳酸を作り続けますので、ますます、
がん細胞が活性化し、正常細胞や免疫細胞の働きが悪化していくことになるのです(>_<)



従って、大切なことは、
乳酸が生じたら、速やかに、十分な酸素とビタミンB1などを取り入れることで、乳酸をミトコンドリアで代謝させて、
乳酸を蓄積させないことなのです!

乳酸菌は自らビタミンB1を作り出すため、他のビタミンなどの生成や、悪玉菌の働きを抑えることと合せて、
身体には良い働きになっているのです(^O^)/


問題なのは、ビタミンB1が不足し続ける状態、特に、
糖質やアルコールを摂り続けていると、「ダイエット」通信でお話ししたように、ビタミンB1などの代謝に必要なビタミンやミネラルが不足してきますので、
生じた乳酸はミトコンドリアで代謝されずに蓄積していくことになります(^^;

それにより、
身体の疲れやコリが蓄積していき、その状態が続いていくと、
がん化が進行していくことになるのです(>_<)



いかがでしたか?

まとめると、
乳酸は一時的に生じるのであれば、身体には良い働きになるのですが、

乳酸が蓄積していくと、疲れやコリになっていき、ひいてはがんにもなってしまうのです(>_<)


従って、大切なことは、
糖質やアルコールを控えることで、
乳酸の発生を抑えるとともに、乳酸代謝に必要な
ビタミンB1などが不足する状態を作らないこと、

もし、酸素やビタミンB1などが不足していれば、
十分な呼吸と、ビタミンB1などの補給を行うことで、
速やかに乳酸をミトコンドリアで代謝することなのです(^O^)/


みなさんも、ご自身の食生活を含む生活習慣を振り返ってみて、
乳酸が蓄積していかないように心掛けてみてくださいね(^^)/


Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR