「脳が萎縮・老化していく原因は?」~「ダイエット」通信(補足号その78)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その78です(^^)/

今回は、
脳が萎縮・老化していく原因は?についてお話しますね(^O^)/


最近、物覚えが悪いとか、頭が良く回らなくなってきたとか、感じていらっしゃる方は、もしかして、
脳の萎縮や老化が進んでいるのかもしれませんね(^^;

自分は、まだ若いからそんなことはない、と思われている方も多いと思いますが、
若くても、ある食生活を原因として、脳の萎縮や老化が進んでいくことはあるのです(>_<)


それでは、どのような食生活によって、脳は萎縮・老化していくのでしょうか?

脳萎縮・老化


脳が萎縮したり、老化が進んでいくのは、
脳細胞が徐々に死滅していくからです(>_<)


脳細胞に限らず、
人の身体が劣化していくのは、
糖化や、酸化や、炎症が原因になります(>_<)

糖化・酸化・炎症が起きることで、細胞のほとんどを占める
たんぱく質が劣化し、
機能不全を起こし、
死滅していくことになります(>_<)


それでは、
脳細胞が糖化・酸化・炎症を起こす原因について考えてみましょう。



【糖質の過剰摂取】

一つ目の原因は、糖質の過剰摂取です(^^;

「ダイエット」通信でお話ししたように、脳のエネルギー源は、ブドウ糖とケトン体がありますが、
ブドウ糖については、一旦、
解糖系で代謝を行って、その際に生じた
乳酸をさらにミトコンドリア系で代謝を行うことで、エネルギーを作り出します。

『「頭が良く回るのはブドウ糖?ケトン体?」~「ダイエット」通信(補足号その56)(ブログへリンク)』


脳が必要とするブドウ糖量は、
1日で120g程度
1時間で5g程度にすぎません。

それは、血液中のブドウ糖量が5g程度しかない(血糖値100)ことからも分かりますよね。


このときに、例えば、ご飯一杯食べるだけでも、糖質量は50gを越えますから、
エネルギーとして消費されない糖質は全て過剰摂取ということになります(^^;

このような糖質の過剰摂取を続けていると、
脳細胞も糖化が進行していくことになります(>_<)


また、脳では必ず乳酸が一旦作られるため、
糖質の過剰摂取を行っていると、ビタミンB1などの乳酸をミトコンドリアで代謝するのに必要な補酵素が不足してきて、
乳酸の代謝が進まなくなります(^^;

『「乳酸は身体に良い?悪い?」~「ダイエット」通信(補足号その77)(ブログへリンク)』


乳酸の代謝が滞ると、脳のエネルギー不足になり、
頭が良く回らなくなるとともに、乳酸が蓄積していくことになりますので、
脳細胞の酸化も進行し、
脳細胞の劣化・老化に繋がっていきます(>_<)


若年性アルツハイマー症や認知症の原因の一つに、
糖質の過剰摂取があり、その治療法として、
糖質制限によるケトン食が有効とされていることからも、糖質の過剰摂取が、脳細胞の糖化・酸化を招き、脳の萎縮・老化の原因になっていることがお分かり頂けますよね(^^;



【オメガ6の過剰摂取】

「ダイエット」通信でお話ししたように、
サラダ油などのオメガ6は、
身体の炎症やアレルギー反応を促進する作用があり、
一方で、
エゴマ油などのオメガ3は、
身体の炎症やアレルギー反応を抑制する作用があります。

『「身体に良い油と悪い油について」~「ダイエット」通信(補足号その21)(ブログへリンク)』


従って、サラダ油などの
オメガ6の過剰摂取を続けていると、
脳細胞も炎症が進行していくことになりますので、
脳の萎縮・老化に繋がっていくことになります(>_<)

自宅での料理で、サラダ油などのオメガ6を使っていること以外にも、外食や惣菜・加工食品等の中食でも、
使用されている油はほとんどがオメガ6ですから、日本人は、
オメガ6の過剰摂取状態になっています(^^;

これらの、オメガ6の摂取を極力控え、一方でオメガ3を積極的に摂ることで、身体の炎症反応が治まってくるのですが、意識して、これらを行っていないと、身体の炎症が進み、
脳の萎縮・老化のみならず、がんを初めとした様々な病気の原因になってしまうのです(>_<)



【アルコールの過剰摂取】

「ダイエット」通信でお話ししたように、アルコールを飲むと、肝臓はアルコールを「毒」とみなして、最優先でアルコール分解を行いますので、
適量を越えて飲酒すると、肝臓がアルコール分解ができずに、
体内に毒素「アセトアルデヒド」が残ることになります(^^;

『「糖質が少ないお酒でも太る理由」~「ダイエット」通信(補足号その16)(ブログへリンク)』


また、アルコールの分解には、ビタミンB1などの補酵素が大量に消費されますので、
アルコールの過剰摂取を続けていると、
脳内の乳酸の代謝が滞ることになり、
脳細胞の酸化→脳の萎縮・老化に繋がります(>_<)


さらに、
「お酒に酔う」のは、肝臓で分解しきれなくなったアルコールが、血液を通って大脳に作用し、
大脳を麻痺させるという状態ですから、アルコールの過剰摂取は、
脳の機能障害を招くことになります(>_<)

実際、長年飲酒を続けていると、
脳が10~20%萎縮し、
脳の機能障害でうつ病や認知症などになるリスクが高いとも言われています(>_<)

アルコール依存症の方が、まず、脳のCTスキャンを行って、脳が萎縮していないかどうか検査するのは、そのためなのです(^^;



いかがでしたか?

脳が萎縮・老化していく原因は、
■糖質の過剰摂取
■オメガ6の過剰摂取
■アルコールの過剰摂取

であることがお分かり頂けましたか?

これらを行っていると、若い方でも、脳の萎縮・老化リスクが高いことにご注意くださいね(>_<)


■糖質を控え、たんぱく質や脂質をしっかり摂る正しい食事と、
■良い油(動物性脂質中心で、オメガ6の多い植物性脂質を控える)を摂り
■アルコールを控えるなどの生活習慣
を心掛けることにより、
脳の萎縮・老化を防ぐとともに、
美しく健康的なダイエットのために、これからも続けていきましょうね(^O^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR