糖尿病について

糖尿病は、約2200万人の推定患者がいるとされており、実に日本人の約6人の1人が糖尿病である計算になります。
糖尿病は、インシュリンの異常により血糖値が高くなってしまう病気ですが、糖尿病が何より怖いのはそれによる合併症でして、次の三大合併症が挙げられます。
①失明の恐れのある「糖尿病網膜症」、②発症すれば週に数回の人工透析が必要になる「糖尿病腎症」、③手足が壊疽してしまう恐れのある「糖尿病神経障害」、他にも狭心症や心筋梗塞、脳血管障害なども起こりやすくなるという、とても怖い病気なのです。

糖尿病の治療としては、国や日本糖尿病学会では、食事療法、運動療法、薬物療法とされていますが、この中の食事療法は、カロリーコントロールが有効とされており、糖尿病患者は、厳しくカロリーコントロールされた食事を続けられていますが、運動療法も併せてきちんと行っても、なかなか効果がなく、薬物療法による対症療法をずっと続けていらっしゃるケースが多いです。

これまで、お話してきた糖質制限や糖質過多による弊害のことをご理解頂ければ、このカロリーコントロールによる食事療法では、効果がないことはお分かりになると思います。即ち、いくらカロリーをコントロールしても、現在の食事バランスで言われているようなそのうちの6割程度が炭水化物になる食事を摂ると、その炭水化物が分解された糖質により血糖値が上昇します。糖尿病患者は、インシュリンの働きが弱っているので、血糖値を下げようとしても、インシュリンの分泌機能に負担がかかり、また十分下げることができないので、血糖値は高いままとなってしまい、これを運動療法だけで下げることは難しいので、薬物療法による対症療法を行わざるを得なくなります。この結果、インシュリンの分泌機能は、更に負担がかかり、また薬物療法を続けざるを得なくなりますので、いつまでたっても糖尿病は改善しませんし、むしろ悪化していく懸念があります。

食事療法で有効なのは、カロリー制限ではなく、糖質制限なのです。糖質を制限すれば、血糖値は上昇しませんし、インシュリン分泌に負担をかけることもありません。もともと、糖質制限は、糖尿病治療のために考えられた食事療法であり、京都にある高雄病院の江部康二先生が先駆者として有名です。
「高雄病院」
江部先生の本は、数々ありますが、次の本がバイブル的な位置づけです。これは、糖尿病患者だけではなく、一般の方向けにもお勧めです。
「主食をやめると健康になる」

ちなみに、海外では、糖質による影響は既に指摘されており、例えば、米国糖尿病学会は、2004年公式見解として「カロリーを含有する炭水化物、たんぱく質、脂肪のうち、炭水化物だけが血糖値を上昇させる」と発表しています。この事実は当たり前なのですが、米国糖尿病学会が公式コメントとしていることが重要で、従来言われてきたカロリー制限では効果がないことを認めていることになります。

しかしながら、日本のおける糖尿病治療で糖質制限を行う病院や医者はまだ少なく、これは、上記の日本糖尿病学会や国の見解とは異なる治療になるため、なかなか難しい面があると思います。しかし、以前、糖質制限による実証データでお話したように糖質制限は高血糖症の改善に効果があるのは確かです。ただし、糖質制限がむかない患者や、薬物療法と併用すると低血糖症などになるリスクもありますので、糖質制限を行う病院や医者に相談して治療することをお勧めします。
以前お話した、夏井睦先生のHPで糖質制限を行う医師が紹介されていますのでご参照ください。
「糖質制限で糖尿病治療をしている医師」

糖尿病は自分とは関係ないとお考えの方もいらっしゃると思いますが、健康な方でも、老化によってインシュリンの分泌機能は低下しますので、糖質を中心とした食事をしていると、年をとると糖尿病になってしまうリスクがあります。糖尿病は、自覚症状が少なく、自覚症状が出てきたときには、合併症などが進行していることも多いので、健康な方でも十分注意して正しい食事を中心とした体に優しい食生活を心がけてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR