「薬では病気は治らない?」~「ダイエット」通信(補足号その81)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その81です(^^)/

今回は、
薬では病気は治らない?についてお話しますね(^O^)/


病気になったときに、市販の薬を買って飲んだり、病院で診てもらって薬を処方してもらうことが多いと思いますが、実は、
これらの薬を飲むだけでは病気は治らないのです(>_<)

何を言っているのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさんは、
対症療法という言葉をご存知でしょうか?

対症療法とは、
病気の表面的な諸症状を緩和したり取り除く治療法のことで、
病気の原因となるものを取り除くものではないのです(^^;


実は、
病院で処方される薬のほとんどは対症療法薬で、
市販薬に至っては100%近くが対症療法薬になります。

従って、これらの
薬を飲むだけでは、病気の症状が緩和されることはあっても、
病気そのものが治るわけではないのです(>_<)

薬


薬は、
対症療法薬の他にも、
根本療法薬
予防療法薬があります。

根本療法薬は、
病気の原因を根本から治療する薬で、これを
継続使用することで病気は完治していくことになります。
(例えば、細菌感染症に対する抗生物質製剤など)


また、
予防療法薬は、
病気に罹患することを未然に防ぐ薬で、これを
使用することで病気予防する効果があるとされています。
(例えば、肝炎のワクチンなど)


しかし、さきほどお話ししたように、
ほとんどの薬は対症療法薬ですから、例えば、風邪薬、血圧降下剤、血中コレステロール低下剤などを使用しても、病気の症状を緩和することができても、
病気の原因そのものが治ることはないのです(>_<)

対症療法薬は、あくまで病気の諸症状を緩和したり取り除くことが目的ですから、それらを使用しながら症状の悪化を抑えつつ、併せて
病気の根本原因を解明し、治療していくことが必要になります。


例えば、風邪で高熱が出て、十分に眠れないようなときは、風邪薬で熱を下げ、しっかり休むことで、免疫力を回復させ、風邪のウイルスを自らの力で撃退し、風邪を治すことができます(^^)

このときに、
それほどの高熱でないのにも関わらず、風邪薬を使用すると、熱が下がることで、免疫細胞の働きが悪くなり、逆に風のウイルスが活性化することになるため、かえって、
風邪が悪化したり、風邪の治りが遅くなったりするのです(>_<)

『風邪を治すことについて(ブログへリンク)』


健康診断などで、高血圧と指摘され、病院で
血圧降下剤を処方されるときも、これは
対症療法薬ですから、高血圧そのものが治ることはないのです(>_<)

血圧降下剤や血中コレステロール・中性脂肪低下剤などを、
継続して飲み続けている人は、対症療法薬でむりやり血圧やコレステロール・中性脂肪の値を下げているだけなので、
病気の根本原因を治さない限り、むしろ病状は悪化していくだけなのです(>_<)


従って、大切なことは、
対症療法薬を使用するときは、
一時的に病気の症状の悪化を緩和することに留め
、一方で、
病気の根本的な原因を解明し、それを治療することが必要なのです。


例えば、
高血圧や、コレステロール・中性脂肪値や、肝機能数値・脂肪肝などを指摘された場合は、「ダイエット」通信でお話ししたように、その
原因の多くは糖質の過剰摂取などが考えられますから、安易に対症療法薬を使用するのではなく、
正しい食事に変えることで病気の根本原因を治していくことが大切なのです(^^)

『「コレステロールや中性脂肪を指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その58)(ブログへリンク)』

『「高血圧と指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その59)(ブログへリンク)』

『「肝機能数値や脂肪肝を指摘されたら」~「ダイエット」通信(補足号その60)(ブログへリンク)』


また、
がんになった場合も、
手術や抗がん剤や放射線治療の日本における三大療法は、いずれも
対症療法です。

従って、
これらの治療だけで、がんが根治することはないのです(>_<)


がんの原因を解明し(例えば、糖質の過剰摂取、オメガ6の過剰摂取など)、それらを
正しい食生活や正しい生活習慣に改めるとともに、
がん細胞の働きを低下させ免疫細胞を活性化させる有効な治療法(高濃度ビタミンC点滴やビタミンB群・鉄・マグネシウム・亜鉛投与など)を行うことが、
がんの根本治療になるのです(^^)/

『「がんから身を守るには」~「ダイエット」通信(補足号その48)(ブログへリンク)』



いかがでしたか?

日本人は薬好きで、
日本の医薬品市場は約10兆円とも言われ、アメリカに次いで
世界第2位のマーケットになっています(^^;

しかし、
その薬のほとんどは対症療法薬ですから、これらの薬を使用するだけでは、病気は治りませんし、むしろ悪化していくことになります(>_<)


病院にかかるときも、
対症療法薬を処方するだけの医者であれば止めて
病気の根本原因を探り、その治療を行って頂ける心ある医者に診てもらうようにしてくださいね(^^)


ご自分の身体は、
正しい知識を身につけて、自ら守っていくしかないのです。

美しく健康的なダイエットとは、
正しい知識による、その人本来の美しく健康的な身体を目指すものですので、引き続き頑張っていきましょうね(^O^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR