体に優しい学食(慶応大学)

昨日は、慶応大学三田キャンパスに行ってきました。

どの大学も関係者以外立ち入り禁止となっており、守衛さんもいるので、部外者は入りにくい印象がありますが、事前に数大学ほど問い合わせてみたところ、食堂は近所にお住まいの方も使ったりしていることがあるので、食堂のみの使用であれば構わないという回答が多かったです。
私も、大学に入るときは、ジャケットを着て、大学関係者のような格好で入っているので、特段呼び止られることもありませんでした。

学食には、11時過ぎに来ましたので、サークルの学生がちらほらいるぐらいで、まだ空いていました。
メニューは、豚生姜焼き162円、揚げだし豆腐86円、煮卵54円、モロヘイヤとオクラのお浸し54円、五目ひじき54円、きんぴらごぼう54円、豆腐とわかめの味噌汁32円、合計7品496円、596kcalでした。
この日のメニューには、醗酵食品がなかったので、のむヨーグルトを食後に追加しました(108円、合計604円)

この日のメニューも、品数も多く、糖質は少なく、免疫力の上がる体に優しい学食でした。

最近、初めての方に会うと、特に女性からは、肌がぷりぷりしてきれいだと言われることが多いです。特段、スキンケアはしておらず、基本的には食事によるものだとお話しすると、とても関心を持たれて、ご自分でも実践するとおっしゃる方が多いです。こういう機会を通じながらでも、体に優しい食事についての理解が深まっていけば良いなと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR