(公開紹介記事まとめその3)美しく健康的なダイエットに関する記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧をブログで紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ(ブログへリンク)』


これらの記事は、「美しく健康的なダイエット」グループにご参加頂かないと見れないのですが、「いいね」が多かった記事の中から、
いくつか公開できる記事をご紹介させて頂いています。

『(公開紹介記事まとめその1)美しく健康的なダイエットに関する記事(ブログへリンク)』

『(公開紹介記事まとめその2)美しく健康的なダイエットに関する記事(ブログへリンク)』


今回、また、公開記事をご紹介させて頂きますので、ご覧頂いて、ご興味があれば、
Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加頂いて、他の記事もご覧になってみてくださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』
くびれ女性

【「朝食を食べないと元気が出ない」のは日常的に炭水化物を食べすぎているから】(2016.8.27)


朝食を食べないと元気が出ない、頭が良く回らない、とよく言われますが、これは「ダイエット」通信でもお話ししたように
間違っています(^^;

『「健康情報のウソ(朝食、たまご)」~「ダイエット」通信(補足号その32)(ブログへリンク)』


朝は、本来、腸の排泄の時間ですから、食事を摂ると消化活動にエネルギーが使われて、
排泄に支障が生じることになります(>_<)

また、
活動の前に食事を摂ると消化の妨げになり、
身体も消化もどちらも上手く働かないことになります(>_<)


朝、食欲がないのが、本来の人間の身体のはずなのですが、逆に
朝からお腹が空いている方は、
長年の糖質の摂りすぎにより、
低血糖症になり、
睡眠中に血糖値が大幅に低下するため朝からお腹が空くのです(^^;

糖質を控えてたんぱく質・脂質などをしっかり摂る正しい食事に変えていくと、段々と、栄養不足や低血糖症なども改善され、
朝食なしや、バターコーヒーなどの脂質を少々摂ることで十分になってきますので、ご自身の体調変化を見ながら、対応していってみてくださいね(^O^)/

『「朝食を抜くと力が出ない」のは日常的に炭水化物を食べ過ぎているから(紹介記事へリンク)』



【ADHDの子どもと糖質制限療法について】(2016.8.14)


発達障害を疑われているお子さんの原因の一つには、
糖質の過剰摂取が挙げられます。


これは、
糖質の過剰摂取により、血糖値が大幅に上昇するので、それを低下させるためにインスリンが大量に分泌され、
低血糖状態になってしまうのです(>_<)

そうなると、
大量のアドレナリンなどの分泌により、血糖値を上昇させようとするのですが、小さなこどもにとっては、アドレナリンが大量に分泌されると、
自らをコントロールできなくなって、走り回ったりする、
衝動的な行動を引き起こす
ことになるのです(>_<)

『凸凹の心を持つこどもたち(前編)(ブログへリンク)』

『凸凹の心を持つこどもたち(後編)(ブログへリンク)』


他の原因としては、
母親の妊娠時の鉄不足により、お子さんも鉄不足になり、
メンタル面で悪影響が出ていることも考えられます(>_<)

『「もしかして隠れ貧血?」~「ダイエット」通信(補足号その71)(ブログへリンク)』


藤川先生のお話では、
このような栄養不足を解消することで、かなりの改善が図られた症例も多いとのことですので、まずは、
正しい食事による栄養素摂取を行ってみてください(^^)/


なお、凸凹の心が他のお子さんより激しいお子さんもいらっしゃると思いますが、
苦手な面はそこそこで、
得意な面は伸び伸びと、
何よりも自尊心を育んであげるようにしてあげてくださいね(^^)

『ADHDの子供と糖質制限療法について(紹介記事へリンク)』



【新常識!肉を焼くなら「冷たいフライパン」】(2016.7.4)


肉を焼くときは、強火で表面を固めてうまみを閉じ込めてとか、
肉野菜を炒めるときも、強火でさっと炒めてとか思っていましたが、
弱火・低速調理法を行ってみると、確かに、
肉は柔らかく美味しく調理できますね(^O^)/


考えてみれば、
強火だと、たんぱく質が固くなり、一方、中まで火が通りにくいので、
これまでは鶏肉などだと、重しを載せて火を通りやすくしたり、その後蒸し焼きにしたりしていましたが、

弱火・低速調理法の方が、
たんぱく質が固くならずに、中まで火が通りますものね(^^)/

調理時間がその分多少長くなりますが、他の料理より先に調理を始めておけば、
ほっておいても焦げ付きとか気にしなくても良いですから、調理に手を取られることもなく、
トータルの料理時間は変わらずにできますよね(^^)

『新常識!肉を焼くなら「冷たいフライパン」(紹介記事へリンク)』



【全身のたるみは「二の腕」で食い止める!】(2016.7.12)


夏が近づいてくると、ノースリーブや半袖が増えてきて、女性はどうしても
「二の腕のたるみ」が気になりますよね(^^;

二の腕のたるみの原因は、
実は猫背であることをご存知ですか?


実際に、
前かがみの体勢と、
背筋を伸ばした体勢で比べてもらうと分かりますが、
前かがみになると、二の腕の後ろ側(上腕三頭筋)に力が入らないので、
二の腕の後ろ側が弱くなりぜい肉がついてしまうのです(>_<)


「ダイエット」通信でお話ししたように、
身体の弱いところを鍛えることで、筋肉がつき、脂肪が燃焼して細くなりますから、

いつも、姿勢を良くして、気になる箇所を刺激したり鍛えることで、
部分痩せができ、ほっそりとした身体になりますので、これから意識して頑張ってみましょうね(^O^)/

『「身体を鍛えるのは弱いところから!」~「ダイエット」通信(補足号その47)(ブログへリンク)』

『全身のたるみは「二の腕」で食い止める!(紹介記事へリンク)』



【サラダ油が体を壊す万病の元!】(2016.6.20)


これまでも「ダイエット」通信でお話ししたように、
サラダオイルなどのオメガ6は、
炎症やアレルギーを促進させ、
一方、
エゴマ油などのオメガ3は、
炎症やアレルギーを抑制する働きがあります。

『「身体に良い油と悪い油について」~「ダイエット」通信(補足号その21)(ブログへリンク)』


日本人は、
サラダオイルなどのオメガ6を摂りすぎになっていますので、これが原因で、
アトピーなどのアレルギー症の他、身体の炎症が進むことで、
生活習慣病やがんや老化などの原因になります(>_<)


オメガ6の摂りすぎによる炎症促進は、
糖質の摂りすぎによる糖化と同様に、
身体に大きな悪影響がありますので、

オメガ6の摂りすぎを抑えて、オメガ3をしっかり摂ることを、糖質を控えることと同様に心掛けてくださいね(^^)

『サラダ油が体を壊す万病のもと!(紹介記事へリンク)』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ(サイトへリンク)』

『「ダイエット」通信 【目次】(ブログへリンク)』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR