Kindleについて

私の趣味の一つがKindleです。

Kindleはご存知のようにAmazonの電子書籍なのですが、正確には、Kindleストアという電子書籍(Kindle書籍)の販売サービスとKindle端末というKindke書籍を読める専用端末があります。

Kindleをあまりご存知ない方は、Kindle書籍を読むためには、Kindle端末を買わなければいけないと思われている方も多いと思いますが、これは必ずしも必要ありません。
例えば、PCや、スマホ(Androidやiphone)、タブレット(AndroidやiPad)で読むことができますので、みなさんの読書環境によって使用する電子端末を使い分けることができます。

私は、いずれの電子端末も持っているのですが、使い勝手が良いので、Kindle専用端末を使用しています。私が持っているのは一世代前のKindle Paperwhite Wifi+3Gタイプですが、今は、色々な種類のKindle専用端末が販売されています。
簡単に説明しますと、
「Kindle」
廉価版のKindle専用端末。Wifiタイプのみ。
「Kindle Paperwhite」
普及版のKindle専用端末。WifiタイプとWifi+3Gタイプがあります。
「Kindle voyage」
高級版のKindle専用端末。WifiタイプとWifi+3Gタイプがあります。
なお、amazonのタブレットとして、Fire HDシリーズがありますので、タブレットをお持ちでない方は、これを買う選択肢もあります。

Kindle専用端末は、いずれも軽くて読みやすく(白黒ですが、明るい場所でも読みやすく、文字の拡大設定も可能です。)、バッテリーも専用機なのでかなり長持ちします。Wifi+3Gタイプの方が少し高いですが、無料の3G回線が付いているので、どこでもKindle書籍を購入することができて便利です。

Kindleストアの良いところは、かなりの書籍が電子書籍化されており、紙ベースより安く、クラウドで電子書籍が保管されるので、当然、本が貯まっていって保管に困ることはありませんし、みなさんがお持ちのいずれの電子端末でも読めるとメリットがあります。
私が一番便利だと思っているのは、無料のためし読みができるところです。全てのKindle書籍が10ページ程度の無料サンプルがダウンロードできますので、私は予め面白そうなKindle書籍を5~6冊程度無料サンプルでダウンロードしておき、別途ためし読みをして良ければその場で購入して読むようにしています。

電子書籍はどうか、やっぱり本屋で買わないとという方もいらっしゃると思いますが、私も本屋には良く行ってまして、面白そうな本があれば、Kindle書籍があるものは無料テキストをダウンロードしておき、Kindle書籍がない場合は、紙ベースの書籍を購入したりしています。

電子書籍は、じっくり読むのに向いていますが、流し読みをしたり、必要な情報だけをピックアップするのは紙ベースの書籍の方が向いていますので、私は、ブックオフで面白そうな本があればまとめ買いしたり、図書館でまとめて借りたり(10冊ぐらいまで借りられます)して、流し読みをしながら必要な情報をピックアップしたりしています。

いずれにしても、本を読む環境や媒体が多様化していますので、みなさんのライフスタイルに応じて、色々と工夫されると快適な読書ライフが過ごせると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR