嫌な思いをしたときに

誰でも、他人から、不快なことを言われたり、気に入らないことをされたりして、
嫌な思いをすることがあると思います。

私も、昔は、嫌な思いをしたときに、ついつい怒りを覚えてしまって、激高したこともよくあったのですが、食生活を見直して、
糖質も減らしたところ、かなり温和な性格になり、今ではそのように怒りを覚えることもほとんどなくなってしまいました(^^)


それでも、嫌な思いをしてから、しばらく経ったときに、
突然、その嫌なことを思い出すことがあって、一度嫌な思いをしたら、自分の中で浄化されずに、いつまでも残っているのだなと気がつかされることがあります(>_<)

おそらく、そのような行動を行った本人は、そこまで他人に嫌な思いをさせているとは気がついていないのでしょうが、反面教師として、
自分は絶対にこのように他人に嫌な思いをさせないようにしようと考えるようになりました。

嫌な思い


そのように思って、自分の行動をよく見てみると、自分では意識していないのですが、
他人から見ると、迷惑だったり、不快な思いをしていることが色々あるのではないか思うようになりました(^^;

例えば、スポーツジムで着替えをしているときに、歩いている人の邪魔になっていたりとか、
自分が何気なく言った話が、他人に不快な思いをさせていたりとか、
自分では意識していなくて、他人に嫌な思いをさせているかもしれないことが、結構あることに気がつきました(>_<)


それからは、自分の行動だけでなく、他人の行動や周りの状況も
良く観察するようになり、そうなってくると、
色々なことに気がつくようになりました。

エレベーターに乗っていても、急いでいる方や、荷物を抱えている方や、お子さんがいらっしゃる方が結構多いので、ドアの開閉ボタンの操作はいつも自分がやろうとか、

駐輪場から自転車を出し入れするときに、歩行者がいても自転車やバイクに乗ったまま通行する人が多く危ないので、自分は自転車を押して歩こうとか。


そうなってくると、今までは、あまりよく考えずに、無意識で動いていたことも、
一つ一つのことをよく考えながら丁寧に行動するようになってきました(^^)

昔は、東京で仕事をしながら、時間に追われて、慌ただしく日々を送っていたこともあり、何かにつけテキパキと行動しようとしていましたが、その分、
色々なことに目を配ることもなく、自分自身の行動もかなりガサツだったなと、今となっては反省しています(^^;


でも、他人に嫌な思いをさせないようにと、よく考えながら、丁寧に行動することで、
人に対してだけでなく、自分に対しても少しずつ優しくなれてきたような気がしています。


今はまだ、意識しながらでないとできないのですが、いつも行っていることで、いずれはこれらが無意識の行動になり、
自然と、人にも自分にも優しくなれればいいなと思っています(^^)



『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】(ブログへリンク)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR