(食品添加物、釜池式、水野スペシャル)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事』


今回ご紹介するのは、以下の3つの記事です(^^)

【食品添加物が招く危険な影響まとめ】(2016.12.22)

【釜池式糖質制限について】(2016.12.19)

【スタバで糖質制限!「水野スペシャル」】(2016.12.11)
くびれ女性
【食品添加物が招く危険な影響まとめ】(2016.12.22)

糖質が少ないからと言って、ついつい
加工食品を買っていたりしていませんか?


糖質オフ食品でも、加工食品の成分表示をよく見ると、
様々な食品添加物が入っていることが多いと思います(^^;

『「糖質の少ない間食でも気をつけて!」~「ダイエット」通信(補足号その91)』


食品添加物は、
■腐らないように保存料を入れたり
■味が落ちないように甘味料で味付けをしたり、
■色合いが良くなるように着色料を加えたり、
■風味が良くなるように香料を加えたり
していますので、
それによって、紹介記事にあるような
様々な悪影響や病気の原因になるのです(>_<)


それは、食品添加物によって、
■腸内細菌が死滅し、腸内環境が悪化し、
■解毒作用によって、肝臓に大きな負担がかかり
■過剰な活性酸素の発生により、酸化・慢性炎症が進行し、がんを始めとした様々な病気や老化の原因になるから
なのです(>_<)

『「腸内環境について」~「ダイエット」通信(補足号その7)』

『「頑張っている肝臓にいたわりを」~「ダイエット」通信(補足号その83)』

『「二つの顔を持つ活性酸素」~「ダイエット」通信(補足号その102)』


平均的に日本人が年間で摂っている食品添加物は、
成人で約8kg
乳児・幼児でも約5kgとの調査結果があります(>_<)

『「年間に摂っている食品添加物の量は?」~広島大学履修生日記(食品微生物学 第17回)』


みなさんやお子さんは、果たしてどれくらいの食品添加物を摂られていますか?

毎日の少しずつの積み重ねが、
とても大きな悪影響をもたらしますので、十分にご注意くださいね。

≪紹介記事≫
『食品添加物が招く危険な影響まとめ』



【釜池式糖質制限について】(2016.12.19)

釜池式は、
限りなく糖質を0にし、1日夕食のみの1食という、
かなり厳しい糖質制限です(^^;


摂る糖質は0にして、1日1食によるオートファジー効果も活性化するため、
身体にはかなり良い食事法ですが、
普通の方はなかなか実践できない糖質制限ですね(^^;

江部先生のブログでも、その
健康効果は他の糖質制限と比べても非常に高く評価されていますが、
普及や継続の面からはなかなか難しいとされています。

『各糖質制限食のスタンス』


しかし、
重度の糖尿病やがんなどには効果的だと思いますので(ただし、
がんにはオートファジーを活性化させると逆効果の面もあるため、空腹期間は設けない方が良いと思います)、
ご自分の症状などに応じて、選択してみてくださいね(^O^)/

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)』

≪紹介記事≫
『釜池式糖質制限について』



【スタバで糖質制限!「水野スペシャル」】(2016.12.11)

水野先生の
「水野スペシャル」もかなり有名になってきましたね(^^)


ケトン体モードへの切り替えは、
スーパー糖質制限・高脂質がポイントになりますので、
生クリームはケトン体を上昇させるとても効果的な食材になりますね(^O^)/

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』


また、
たんぱく質不足で、肉などを十分摂れない女性には、小西先生の
「ホットプロテインココア」
「アイスプロテインココア」もおすすめですので、お試しになってみてくださいね(^O^)/

『小西先生のブログ~プロテイン』

≪紹介記事≫
『スタバで糖質制限!「水野スペシャル」』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR