(美肌、体幹エクササイズ、たんぱく質不足)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事』


今回ご紹介するのは、以下の3つの記事です(^^)

【美肌になるのはどっち?】(2017.1.8)

【知っておきたい体幹エクササイズ】(2017.1.11)

【たんぱく質不足がもたらす影響が深刻だった!】(2017.1.12)
くびれ女性
【美肌になるのはどっち?】(2017.1.8)

美肌について、紹介記事で小西先生が実験されたように、
①高たんぱく質+中脂質+断糖
②中たんぱく質+高脂質+断糖では、

②中たんぱく質+高脂質+断糖の方が肌がきれいになるのですね(^O^)/


これは、「ダイエット」通信でお話ししたように、まずは、
糖質を控えてたんぱく質や脂質をしっかり摂ることが、
肌も含めた細胞の糖化を防ぎ、活性化するために必要になります(^^)

『「肌・髪・爪がきれいになるには?」~「ダイエット」通信(補足号その90)』


その上で、
厳しい糖質制限(断糖)と中たんぱく質と高脂質にすることでケトン体モードになり、肝臓以外のメインエネルギー源はケトン体になります(^^)

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』


ケトン体は水溶性ですので、
肌も含めた身体の隅々まで、素早く効率的に行き渡るため、
肌などの新陳代謝がより活性化し、きれいになるのは明らかですね(^O^)/


体脂肪が減少しやすいのも、ケトン体モードになるからですね(^O^)/


ちなみに、私も同じような人体実験をしたことがありますが、小西先生と同じ結果でした(^^)/

併せて、
ビタミンCをしっかり摂ることで、
肌のコラーゲンの合成が促進されますし、

さらに、
マグネシウムオイルを肌にスプレーすることで、マグネシウム不足の方(スプレーするとヒリヒリすると思います)は、
肌から直接吸収でき、新陳代謝がさらに活性化しますよ(^^)/

どうぞ、お試しくださいね(^O^)/

『「ビタミンC足りていますか?」~「ダイエット」通信(補足号その114)』

『「効き目の良いマグネシウムは?」~「ダイエット」通信(補足号その111)』


≪紹介記事≫
『美肌』




【知っておきたい体幹エクササイズ】(2017.1.11)

身体を鍛える様々な運動がありますが、その中でも
体幹トレーニングは、身体の軸となる体幹を鍛えるものですので、
美しく健康的な身体作りのためにはとても重要ですよね(^O^)/

特に
体幹や遅筋にはミトコンドリアが多く存在しますので、
体幹トレーニングを行うことで、ミトコンドリアが活性化し、健康で痩せやすい身体になりますよ(^^)/

『「メリハリのある身体になるには(前編)」~「ダイエット」通信(補足号その41)』


これらの体幹トレーニングは、自宅でもできますが、スポーツジムなどで行うのなら、紹介記事にもあるように、
正しい呼吸法も含めてトータルバランスの良いヨガがおすすめです(^^)/

中でも、
ホットヨガは、さらに、
発汗作用と十分な水分補給による新陳代謝の活性化も行うことができますので、おすすめですよ(^O^)/

『「ホットヨガのすすめ」~「ダイエット」通信(補足号その99)』


≪紹介記事≫
『4種の体幹トレーニングとその効果』



【たんぱく質不足がもたらす影響が深刻だった!】(2017.1.12)

ダイエットをしようと思っても、
女性が男性に比べて痩せにくいのは、
質的栄養不足、特に鉄たんぱく質不足が原因のことが多いです(>_<)

『「男性が痩せやすく、女性が痩せにいのはなぜ?」~「ダイエット」通信(補足号その45)』


女性は、生理や出産などで、鉄やたんぱく質がどんどん減少していきますので、男性以上に鉄やたんぱく質を摂らないといけないのですが、カロリー制限やベジタリアンなどの間違ったダイエットによって、それ以上に
鉄たんぱく質不足になっている方が非常に多いです(>_<)


鉄を摂るためには、たんぱく質が十分に摂れていないと、鉄を十分に吸収することはできませんので、まずは
たんぱく質不足の解消が一番大切です(^^)

しかし、
肉などの動物性たんぱく質が苦手な方も多く(^^;
それは、
糖質の摂りすぎによる糖化と、たんぱく質不足のために、胃腸の消化・吸収能力が低下しているためなのです(>_<)

『「肉が苦手な方へ」~「ダイエット」通信(補足号その65)』


そのような方は、
プロテイン(ホエイなどの動物性)を摂ることで、たんぱく質が効率的に消化・吸収できますので、小西先生おすすめの
生クリーム・プロテイン・ココアなどで、たんぱく質補給を行うようにしてみてください(^^)

『生クリーム・プロテイン・ココア』


胃腸の機能が回復してくれば、肉やたまごなどの動物性たんぱく質が食べられるようになってきますので、そうなればプロテインを止めて肉などに切り替えて貰えれば良いです。

ただし、
たんぱく質不足が解消できるまでは、たんぱく質は十分多く摂るのが望ましいですから、肉やたまごなどと併せて、補助的にプロテインも摂り続ける方が良いと思いますよ(^^)

≪紹介記事≫
『たんぱく質不足がもたらす影響が深刻だった!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR