「国産サプリと海外製サプリの違い」~「ダイエット」通信(補足号その115)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その115です(^^)/

今回は、
国産サプリと海外製サプリの違いについてお話しますね(^O^)/


必須栄養素であるビタミンやミネラルなどをサプリメントで摂るときに、
国産サプリと海外製(主に米国製サプリ)がありますが、みなさんはどちらを購入されているのでしょうか?

一般の商品では、国産の方が、入手も簡単で、品質も良く、値段もリーズナブルなものが多いですから、
サプリも国産の方が良いと思われている方も多いのではないでしょうか?


しかし、実は、
サプリメントに関しては、日本は後進国だったのです(>_<)

それでは、具体的に、
国産サプリと海外製サプリでどのような違いがあるのでしょうか?

サプリ


サプリメントを選ぶ際には、
安全性、含有量・効能、値段、入手方法が重要なポイントになってきますので、それぞれについて、国産と海外製(ここでは米国製)の違いを見てみましょう(^^)


【安全性】

まず、
サプリメントの位置づけが、日本と米国では大きく異なっています。

日本では、サプリは、
栄養補助食品、つまり食品としての位置づけになります。

従って、医薬品のような、
厳しい規制や製造基準は存在していません(>_<)


一方、
米国では、サプリは、
食品と医薬品の中間と位置付けられています。

これは、
米国には日本のような国民皆保険制度がないため、昔から
サプリ摂取による健康維持・病気予防が広く普及してきたのです。

従って、
サプリに対する消費者ニーズや消費者の声も強く、それに対して、
法令での厳しい規制や製品基準も強化されてきたのです。


具体的には、米国では、
FDA(アメリカ食品医薬品局)
DSHEA(栄養補助食品健康教育法)による
規制と、
CGMP(適正製造基準)による
製造基準が存在しています。

特に、
安全性については、
CGMPで厳しく義務付けられているため、これにより米国製サプリの安全性が確保されているのです(^O^)/


一方、
日本でも、製造基準が存在していますが、内容は極めて緩いもので、
製造メーカーの自主規制に任されているのが実情です(>_<)

『CGMPとは?日本と米国のサプリの品質差は、月とスッポン!』


従って、
日本では、サプリの安全性は、製造メーカーの信頼性にかかってくるということになりますね(^^;



【含有量・効能】

含有量については、表示ベースでの含有量で見たときに、日米では大きく差があります。

サプリによっても異なりますが、
米国製の方が、国産に比べて、含有量は非常に多いですので、効能も大きく差がついてついてきます。


また、
米国では先ほどのCGMPなどで厳しく規制されているため、
表示ベースの含有量は正しいと考えて良いですが、国産のGMPは極めて緩いため、
日本では表示通りの含有量となっている保証はありません(^^;


さらに、吸収率の低いミネラル(鉄やマグネシウムなど)については、
米国製では、
キレートと呼ばれる吸収率を高める加工をされている製品がありますが、日本ではキレートが認められていないため、
国産のキレートはありません(^^;


このように、
含有量・効能でも、米国製の方が明らかに上ですね(^^)/



【値段】

これは、サプリメント市場と、競争原理の違いにより、
米国製の方が明らかに安いです(^^)/

特に、含有量・効能が同じもので、日米を比較すると、その価格差は歴然としています。


製品や入手方法によっては、
送料を考慮しても、米国製が安いですね(^O^)/



【入手方法】

一般的には、国産サプリの方が入手しやすいのですが、
米国製サプリも、AmazonやiHerbなどの日本語サイトを利用することで、入手は容易になります(^^)/


特に、
iHerbは、
サプリの品数の豊富さや、国際便でも
1週間程度で届くことや、
送料も安い(まとめ買いで送料無料にもなる)ことなどから、おすすめです(^O^)/

『iHerb』



いかがでしたか?

国産サプリと海外製(米国製)サプリを比べると、
安全性、含有量・効能、価格のいずれも海外製サプリに軍配が上がり
入手方法もかなり便利になっていることがお分かり頂けましたでしょうか?


ただし、国産サプリについて、いくつか補足しておきますと、一つは
ビタミンCのような構造が単純なものは、純度100%のものであれば
国産でも問題ありません(^^)

『「ビタミンC足りていますか?」~「ダイエット」通信(補足号その114)』


また、国産メーカーの中でも、
三石先生が設立されたメグビー
安全性や含有量・効能面でも、非常におすすめです(^O^)/

『メグビー』


ただし、
値段が少し高いため(^^;
海外製サプリでは効果が見られない方が、
コストパフォーマンスも考えながら利用されるのが良いかと思います(^^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR