「頭痛でお悩みの方へ」~「ダイエット」通信(補足号その121)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その121です(^^)/

今回は、
頭痛でお悩みの方へについてお話しますね(^O^)/


慢性的な頭痛や偏頭痛でお悩みの方がいらっしゃると思います。

特に、
女性で頭痛に悩まされる方は多く、頭痛薬や痛み止めが欠かせない方もいらしゃると思いますが、それでは
なかなか良くならないのではないでしょうか(>_<)


頭痛の原因については、色々と言われていますが、その原因の多くは、実は
脳内のミトコンドリアのエネルギー代謝不全にあったのです!

それでは、このミトコンドリアの代謝不全とは何で、それがどのようにして頭痛をもたらすのでしょうか?

頭痛1

まずは、
脳のエネルギー代謝の仕組みについて、考えてみましょう。


「ダイエット」通信でお話したように、脳のエネルギー源としては、
ブドウ糖ケトン体があります。

ブドウ糖の場合、
解糖系で代謝を行って、その際に生じた
乳酸をさらに
ミトコンドリア系で代謝を行うことで、エネルギーを生み出すことになります。

また、
ケトン体の場合は、
直接ミトコンドリア系で代謝を行うことで、エネルギーが生み出されます。

『「頭が良く回るのはブドウ糖?ケトン体?」~「ダイエット」通信(補足号その56)』


いずれの場合でも、最終的にミトコンドリアで完全代謝することで脳のエネルギーが生み出されることになりますので、この
ミトコンドリアの代謝が上手くいかないと(ミトコンドリア代謝不全
十分な脳のエネルギーを作り出すことができないばかりか、さらに
多くの活性酸素が発生することになります(^^;


活性酸素は、「ダイエット」通信でお話したように、ミトコンドリアの代謝に伴って発生せざるを得ないものなのですが、
ミトコンドリアの代謝が上手くいっていれば
少量の活性酸素の発生で済みますし、それらも
抗酸化酵素の働きで除去されることになります。

『「二つの顔を持つ活性酸素」~「ダイエット」通信(補足号その102)』


しかし、
ミトコンドリア代謝不全になると、
酸素の不完全燃焼状態になるため、
多くの活性酸素が発生し、それらを
抗酸化酵素によって全て除去することができなくなるのです(>_<)


この
ミトコンドリア代謝不全に伴う、
脳内のエネルギー不足と
多くの活性酸素の発生
が、
頭痛をもたらすことになるのです(>_<)



それでは、この
ミトコンドリア代謝不全の原因は何なのでしょうか?

その原因としては、
・ミトコンドリア代謝における補酵素等不足、
・ミトコンドリア代謝における酸素不足、
・ブドウ糖をエネルギー源とする場合の代謝不全
が挙げられます。


【ミトコンドリア代謝における補酵素等不足】

「ダイエット」通信でお話ししたように、
ミトコンドリアでのエネルギー代謝のためには、
鉄、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群などの補酵素が必要になります。

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)』


さらに、エネルギーである
ATPを最終的に作り出すためには、
ビタミンCも必要になります。

『「ビタミンC足りていますか?」~「ダイエット」通信(補足号その114)』


これらの
ビタミンやミネラルが不足すると、ミトコンドリアの働きが上手くいかず、
エネルギー代謝不全となってしまうため、
頭痛をもたらすことになるのです(>_<)


実際、
鉄不足やマグネシウム不足が頭痛の原因になると言われていますが、これは、
鉄やマグネシウムなどの補酵素不足が、ミトコンドリア代謝不全をまねき、頭痛をもたらすからなのです(>_<)

『「鉄不足による様々な不調について」~「ダイエット」通信(補足号その26)』

『「マグネシウム不足に気をつけて」~「ダイエット」通信(補足号その53)』


特に、
女性に不足しがちな
鉄・ビタミンB群
と、
男女問わず不足しがちな
マグネシウム
には、十分に気をつけてくださいね(^^;



【ミトコンドリア代謝における酸素不足】

ミトコンドリアでのエネルギー代謝のためには
十分な酸素が必要になります。

この酸素は、
血液中のヘモグロビン
によって届けられるのですが、
ヘモグロビンの働きが悪化すると、酸素を十分に供給することができなくなり、
脳内のミトコンドリアは酸素不足に陥ってしまいます(>_<)


ヘモグロビンは、
たんぱく質でできています
ので、
鉄・たんぱく質不足は、酸素不足をまねき、ミトコンドリア代謝不全による
頭痛の原因になるのです(>_<)

女性の場合は、生理によって、大量の鉄とたんぱく質が流出してしまいますので、特に
生理中は鉄・たんぱく質不足になりがちです(^^;

生理痛の原因は色々ありますが、この
鉄・たんぱく質不足も、
生理痛における頭痛の大きな原因になるのです(>_<)



【ブドウ糖をエネルギー源とする場合の代謝不全】

ブドウ糖を脳のエネルギー源としている場合、
糖質の過剰摂取は、解糖系におけるマグネシウム・亜鉛・ビタミンB群などを大量に消費するため、
解糖系からミトコンドリアへの完全代謝が行われなくなってしまいます(>_<)

『「糖質・アルコールで失われる栄養素とは?」~「ダイエット」通信(補足号その104)』


この結果、
ミトコンドリア代謝不全をまねき、
頭痛をもたらす
ことになってしまうのです(>_<)


一方、
ケトン体を脳のエネルギー源とする場合には、このような代謝不全は起きませんので、ケトン体モードになっていれば、
頭痛で悩まされることもなくなるのです(^O^)/



いかがでしたか?

脳内のミトコンドリア代謝不全が頭痛の原因になっていることがお分かり頂けたでしょうか?


頭痛に悩まされている方は、まずは、
ご自分に不足している栄養素(たんぱく質、鉄、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンCなどを、
不足栄養素を補う順番通りに補給するようにしてみてください。

『「不足栄養素を補うときの順番は?」~「ダイエット」通信(補足号その93)』


さらには、
糖質の過剰摂取を止めて
ケトン食(スーパー糖質制限+適度なたんぱく質+十分な脂質)を摂ることで
ケトン体モードに切り替えるようにしてみてください。

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』


そうなれば、
長年悩まされてきた頭痛からも解放されて、
頭もよく回り、
脳関係疾患のリスクも大幅に激減し、
非常に快適な日々を過ごせる
ようになると思いますよ(^O^)/


なお、
頭痛薬や痛み止めを常用するのは、かえって
痛みに対して過敏になり逆効果になってしまいますので、くれぐれもお気をつけてくださいね(^^;



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR