(生命保険の見方など)本当に必要な生命保険その7

本当に必要な生命保険の第7回目です。


今回は、最終回で、
現在加入されている生命保険契約の見方や、
糖質制限などの正しい食生活を行っている方に必要な生命保険
についてお話ししますね。


これまで、
将来生活シミュレーションや、それに備える、
老後生活保障(個人年金等)
遺族生活保障(定期保険等)
病気生活保障(医療保険等)についてお話してきました。


本当に必要な生命保険は、みなさんの
将来生活シミュレーションの状況によって違ってくると思いますので、
すでに生命保険に加入されている方は、その見直しを検討されていかれると宜しいかと思います。

その際に、
現在加入されている生命保険契約の見方や、
糖質制限などの正しい食生活を行っている方に必要な生命保険
について、お話ししていきたいと思います。


【現在加入されている生命保険契約の見方】

生命保険の種類は、色々なものがあるのですが、
生命保険協会のHPには、
主な生命保険の種類についての説明があります。

『主な個人保険商品の種類』


この中で、大手生命保険会社などに加入されている方は、
定期付終身保険(定期保険特約付(更新型)終身保険)に加入されている方が多いのではないでしょうか?

定期付終身保険は、このような仕組みになります。


定期付終身保険


主契約である終身保険
一生涯の死亡保障を行い、それに
特約(オプション)として付加されている定期保険特約が、通常は10年等の
一定期間の死亡保障を行い、それが
自動的に更新していく(更新型)というタイプが多いかと思います。

この定期保険特約は、更新ごとに年齢が上昇するため、仕組図にあるように
保険料は増加していきます

この保険料負担増加を避けるために、更新時に保障の見直し(死亡保障の減額など)を行ったり、別の保険に転換したりするように、保険会社に勧められることも多いかと思います。

さらに、
様々な医療保険特約(疾病入院保険特約、特定疾病保障特約、障害特約など)がオプションであり、それらにも加入されているケースが多いと思います。


このようにパッケージとして、
様々な保障が一つの契約に付加されているケースが多いと思いますが、そのため、
現在払い込んでいる保険料が妥当なものかどうか分からなくなっている方も多いのではないでしょうか(^^;


まずは、
現在加入されている保障内容をご確認頂き、将来生活シミュレーションの状況から、
本当に必要な保障になるように、保障金額や保障種類を見直してみて、その上で、
別の保険契約で必要な保障となるように調べて、保険料比較などを行い、
最適な保障と保険料となるようにご検討されることをお勧めします。


この定期付終身保険の場合は、
遺族生活保障と病気生活保障を行うのが主目的になりますので、比較を行うのであれば、
定期保険+医療保険を各社の保険から選んで比べるのが宜しいかと思います。


なお、主契約である
終身保険は一生涯の遺族保障に貯蓄機能も備わっているというのが一つのPRポイントになりますが、その分
保険料は定期保険に比べると割高になりますので、
将来生活シミュレーションの状況からその必要性も含めてご検討されるのが宜しいかと思います。

この終身保険は、
一生涯の死亡保障に代えて老後は年金として受け取ることもできるタイプもありますが、一般的には保険料の関係から
終身保険の保険金額は少額となってiいることが多いため、年金で受け取っても十分な老後生活保障にはならないと考えられますので、別途、
個人年金などにご加入されることをご検討してはいかがでしょうか?


現在ご加入の生命保険の見直しをご検討される際には、生命保険協会に加入している会社の生命保険商品についての検索コンテンツ
「生命保険かんたんナビ」がありますので、ご参照頂ければと思います。

『生命保険かんたんナビ』



【糖質制限などの正しい食生活を行っている方に必要な生命保険】

糖質制限などの正しい食生活を行っている方の場合は、
より健康になっていきますので、その分、
死亡や病気に罹るリスクは少なくなっていくと思います。


特に、
病気に罹るリスクや、病気になった場合の医療費負担などは、
かなり減る
ことになると思われますので、ご自身の健康状態も見ながら、
医療保険の必要性や必要保障額についてご検討されてはどうかと思っています。

『(医療保険)本当に必要な生命保険その6』


同様に、
病気で死亡するリスクもかなり減ってくると思われますが、ただし、
不慮の事故などでお亡くなりになるケースもありますので、万が一のときのご遺族の生活状況を見ながら、
必要な死亡保障についてご検討されてはどうかと思っています。

『(定期保険)本当に必要な生命保険その5』


このように
健康になってくることで、死亡や病気に罹るリスクは減少してきますが、一方で
長生きリスクは増加してきます。

通常の方が、
一生涯の年金収入が得られるケースは、公的年金のみのことが多いと思われますので、
その金額だけでは不十分だと考えられますし、公的年金だと
将来受け取る年金額が保証されている訳ではありません(^^;

このため、追加で、個人年金や準公的年金で、
終身年金タイプへしっかりと加入することをご検討されてはどうかと思います。

『(個人年金)本当に必要な生命保険その3』

『(個人年金続き)本当に必要な生命保険その4』



いかがでしたでしょうか?

ご家庭の状況や健康状態などによって、必要な生活保障は異なってきますし、それに応じて必要な生命保険も変わってきます。

これらを考える際に、
一番重要なのは、
将来生活シミュレーションを行うこと
で、将来の生活の状況をご自分でご確認頂くことになります。

『(将来生活シミュレーション)本当に必要な生命保険その1』

『(将来生活シミュレーション続き)本当に必要な生命保険その2』


ご夫婦で定期的(毎年)に
将来生活シミュレーションを行う
ことで、
現在の生活の状況や将来予想についてご夫婦で共有化することができますし、お子さんの状況など
ライフスタイルの変化にも対応していくことができます(^^)

もっとも、必要な生命保険が分かっても、
保険料負担との関係で加入できる限度があると思いますので、その場合は、生活費などの
生活水準の見直しも早めに考えていく必要がありますよね。


ぜひ、これらの将来生活シミュレーションとその状況に応じた本当に必要な生命保険について、ご夫婦でご検討頂き、みなさんが、これからも安心した生活が送っていかれることを願っています(^^)/



『本当に必要な生命保険』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』
プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR