糖質制限的ラーメン(立川マシマシ お茶の水店)

糖質制限的ラーメンとしてご紹介している中で、まだ食べたことがなかったものを、先日東京に旅行した際の食レポの続きです(^^)

『「糖質制限中にラーメンを食べたくなったとき」~「ダイエット」通信(補足号その87)』


前回、前々回の
肉つけ麺の舎鈴 八重洲店
秀ちゃんラーメンのラーキャベに続いて、今回は、
立川マシマシ お茶の水店の豆腐変更ラーメンを食べてきました(^O^)/

『糖質制限的ラーメン(肉つけ麺 舎鈴)』

『糖質制限的ラーメン(秀ちゃんラーメン)』


立川マシマシは、立川にある本店の他に、神田店があったのですが閉店してしまい、新しく
お茶の水店ができたとのことでしたので、お茶の水店にも行ってみることにしました(^^)/

神田店でのレポートは、こちらをご覧になってください。

『糖質制限的ラーメンと手作りパスタ』


11時開店なので、行ってみると早くも数人が並んで待っていました。

お店の外観はこのような感じです。

なぜか、
5号店となっています(^^;




店内に入って食券販売機を見てみると、
麺を豆腐に変更するのは無料ですが、神田店と違って食券で選ぶのではなく、
口頭で店員に伝える方式のようです。




ラーメンはどれを選んでも(ミニ、小、中、大)豆腐に変更すれば同じで、値段も変わりありません。

豚マシをトッピングしようと思いましたが、トッピング用のチャーシューができるのが12時以降とのことでしたので(^^;
ミニラーメン(750円)を選んで麺を豆腐に変更するのみにしました。


食券販売機の横には、
スーパーヘルシーセットとして、
マシライス、ハーフ豆腐、大盛りモヤシ、ニラキムチダブル、玉ねぎ入れ放題(1050円、ライスマシ&マシマシ無料)のメニューがありました。

おそらく、豆腐やモヤシやたまねぎなどが多くヘルシーということでしょうが、
ライスが多すぎてヘルシーではないですよね(笑)


席について、食券を店員に渡すときに、豚マシができなかったので、代わりに
野菜・ニンニクマシ(無料)にしてもらいました(^^)

豆腐変更の場合、
豆腐1丁を温めてから麺の代わりにラーメンに入れますので、通常のラーメンより少し時間がかかります。

待っている間に、お客さんも増えてきて、みなさん色々と注文していましたが、このお店ではラーメンより、
マシライス(ライスにひき肉炒めを乗せたもの)を注文するお客さんが多いようです(^^;

数えてみると、
11人のお客さん(ほとんどが男性ですが、中には女性二人組もいました)のうち、

ラーメン(通常のラーメンです)4人に対して、
マシライスは7人とかなり多いですね。

ライスマシで注文している男性も多く、普通でも多いライスは、
ライスマシになると、お茶碗3倍以上は十分ありそうですね(^^;


そうやっているうちに、注文した
豆腐変更・野菜・ニンニクマシラーメンがやってきました(^^)

このような感じです。




さすがに野菜(モヤシ)が多く、
中に入っている豆腐やチャーシューが全く見えませんね(笑)

モヤシを食べ進んでいくと、ようやく、豆腐やチャーシューが見えてきました(^^)/




豆腐が箸で潰れてしまっていますが、
大きめの豆腐が1丁丸ごと入っています(^^)

スープは、
ラーメン二郎系の味で、
久しぶりに食べると懐かしくて美味しいですね(^O^)/

かなりのボリュームがありますが、
麺が入っていないので、
食べても全く胃がもたれません
(^^)/


昔は、ラーメン二郎で昼に小ラーメンでも食べると、
胃がもたれて、夕食もほとんど食べられませんでしたが(^^;
糖質がないと、すぐに胃で消化されますね。

前に神田店で
豚マシを注文しましたが、
全く問題ありませんでした(^^)/



これで、東京での糖質制限的ラーメンのレポートは一旦終了です。

でも、
東京にはまだ他に糖質制限ラーメンがあるようですので、次回また東京に来た際には、行ってレポートしようと思っています(^^)/



『糖質制限的グルメ』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR