(その68)スーパーでの食材レポート

スーパーでの買い物での
食材率と身体の関係
のレポートです(^O^)/

『スーパーでの食材レポート』


【3/12 フジグラン広島 昼どき】

レジに
60歳代くらいの女性が並んでいました。

体型は普通ですが、
糖化が進行し、足も悪いようです(>_<)

買い物がレジ表示されるのを見ていると、
惣菜×4、寿司パック、レトルト食品×2で、
買い物合計約3000円、食材なしなので、
食材率は0%です(>_<)


一人暮らしをされているのでしょうね。

いつも、このような
糖質の多い食品や、加工食品などの出来合いのものばかり買って食べていると、
糖化や慢性炎症も進み、足なども悪くなってしまいます(>_<)


長年の食生活を変えるのはなかなか難しいかもしれませんが、
糖質を控えて、お年寄りこそ肉などの動物性食品をしっかり食べて頂いて、お元気になって頂きたいですね(^^)/


ちなみに私は、買い物合計約1920円、うち、肉約460円、魚約180円、たまご約140円、生クリーム約430円、発酵食品約600円、野菜約110円で、
食材率は100%でした(^O^)/




この日の夕食は、
■豚バラ肉とスナップエンドウ・ブロッコリー・パプリカ・マッシュルームのレモン塩麹炒め
■サバの塩焼き
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、ザワークラウト、温泉たまご、トマト、グリーンリーフ、ごま)、
■油揚げとたまねぎと岩海苔の味噌汁
■カカオ・生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




【3/15 フジグラン広島 午後】

レジに
40歳代くらいの女性が並んでいました。

体型は普通ですが、
肌が荒れています(^^;

買い物がレジ表示されるのを見ていると、
カップラーメン・カップうどん・ミニカップラーメン合計33個、ロールケーキ(5切れ入り)×6、割りばしパック×2で、
買い物合計約4600円、食材なしなので、
食材率は0%です(>_<)


お子さんたちの集まりがあって、そのための
食事とデザートの買い出しなのでしょうね。

しかし、カップラーメンなどや、ロールケーキだけだと、まさに
糖質漬けになり、こどもたちの健康がとても心配です(>_<)


成長期のこどもたちだからこそ、健やかな成長のために
糖質を控えて、身体を作っていくたんぱく質や脂質が豊富な食事を中心にしてあげたいですね(^^)/

『「お子さんの健やかな成長のために」~「ダイエット」通信(補足号その124)』


ちなみに私は、買い物合計約1440円、うち、肉約200円、魚約390円、生クリーム約230円、牛乳約260円、発酵食品約140円、野菜約220円で、
食材率は100%でした(^O^)/




この日の夕食は、
■鶏肝とスナップエンドウ・なす・アスパラ・パプリカのレモン炒め
■小エビのアヒージョ
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、ザワークラウト、温泉たまご、トマト、グリーンリーフ、ごま)、
■油揚げとめかぶと岩海苔の味噌汁
■カカオ・生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




【3/20 エブリイ西条御薗宇店 午前中】

レジに
30歳代くらいの女性が小さなお子さんと一緒に並んでいました。

体型は
スリムです(^^)/

買い物がレジ表示されるのを見ていると、
肉×2、ヨーグルト、納豆×2、キャベツ、レタス、きゅうり、もやし、しめじ、バナナで、
買い物合計約2600円、食材約2300円なので、
食材率は約88%非常に高いです(^^)/


しっかり食材を中心に買って料理をされているのでしょうね。

小さなお子さんが一緒にいても、
おかしなどを買い与えないようにされているのは立派です(^^)/

ついつい、子どもが好きなものを買い与える親御さんをよく見かけるのですが、
小さな頃からおかしやジュースなどばかり食べていると、糖質依存症になるだけでなく、健康面でも非常に心配です(>_<)


お子さんを
正しい食事で育ててあげることで、
お子さんも含めて一家が健康になりますし、ご本人の
スリムな体型にも納得ですね(^O^)/


ちなみに私は、買い物合計約1700円、うち、肉約190円、魚約730円、野菜約780円で、
食材率は100%でした(^O^)/




この日の夕食は、
■鶏皮とブロッコリー・スナップエンドウ・パプリカのレモンエスニック炒め
■ぶりの刺身
■油揚げのスタミナ和え(納豆、めかぶ、キムチ、ピクルス、温泉たまご、アイスプラント、みょうが、ごま)、
■油揚げとめかぶとみょうがの味噌汁
■カカオ・生クリーム入りチアシードヨーグルトドリンク
でした(^^)




今回は、
■60歳代の糖化が進んだ足の悪い女性と、
■40歳代の肌荒れの女性と、
■30歳代のスリムな女性と小さなお子さんでしたが、

初めの2人
最後の1組が、
対照的でしたね(^^;


糖質の多い買い物や食事をしていても、あまり太っていない方もいらしゃいます。

しかし、
糖質を摂っても太らない人こそ、とても気をつけないといけないのです(>_<)


糖質を摂ると太るのは、インスリンの働きによるのですが、
太らない人はインスリンの働きが悪い可能性があります。

そういう方は、
太らないからと言って安心して、糖質をどんどん食べていると、糖化・酸化・慢性炎症が進行し、
糖尿病やがんなどの重篤な病気になりかねないのです(>_<)

『「甘いものを食べても太らない人は羨ましい?」~「ダイエット」通信(補足号その55)』


人の血液中のブドウ糖はわずか5g程度に過ぎず、その量で身体に必要なブドウ糖が賄われているのですが、
ごはん一杯の糖質でも50gを超えてしまいますので、よほど気をつけておかないと、
糖質の摂りすぎになりかねないのです(>_<)

『「糖質って必要?それとも不要?」~「ダイエット」通信(補足号その98)』


身体に必要なブドウ糖は、全て身体で作ることができるのですが、全く糖質を摂らないことはなかなか難しいと思いますので、
日頃から糖質を少しでも控えて、たんぱく質や脂質などを中心にしっかり摂る正しい食事で、
ご家族みんなが健康になって日々幸せに暮らしていけるように、心掛けていきたいですね(^^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/
『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR