(鉄不足による不調の理由、糖質摂取と自律神経)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【鉄不足による様々な不調の理由】(2017.5.8)

【糖質摂取と自律神経との関係】(2017.5.9)
くびれ女性
【鉄不足による様々な不調の理由】(2017.5.8)

藤川先生のお話では、
15歳から50歳の日本人女性のうち99%は鉄不足とのことで、
鉄不足は、「ダイエット」通信でもお話ししたように
■立ちくらみ、めまい、偏頭痛、
■疲れ、ストレス、朝なかなか起きれない、
■不妊、生理不順、

などの
女性特有の様々な不調の原因になってしまいます(>_<)

『「鉄不足による様々な不調について」~「ダイエット」通信(補足号その26)』


紹介記事にもあるように、
鉄不足による様々な不調の理由としては、以下のようなものが挙げられます。


■鉄不足に伴う酸欠

全身に
酸素を運搬する赤血球にはヘモグロビンが含まれていますが、
ヘモグロビンは鉄とたんぱく質でできています


従って、
鉄不足になると酸素の運搬が上手くできなくなり、さらに、
女性はたんぱく質不足の方も多いため、ますます、酸素不足になりやすいのです(>_<)

鉄不足に伴う酸欠状態は、
立ちくらみ、めまい、偏頭痛などの不調をもたらすことになるのです(>_<)


■鉄不足に伴うエネルギー不足

鉄は、ミトコンドリアにおける電子伝達系の重要な補酵素ですので、
鉄不足になると、エネルギー(ATP)を最も多く作り出す電子伝達系が稼働しなくなります

その結果、
大幅なエネルギー不足となり、
疲れ、ストレス、朝なかなか起きれないなどの不調をもたらすことになるのです(>_<)


■鉄不足に伴う胎児の栄養不足

鉄は、人間にとって必須のミネラルですので、
胎児は母親から鉄を吸収しなくてはいけません

その必要量は、
一度の出産で、フェリチンが約50低下すると言われているほどです。


しかし、
母親が鉄不足だと、胎児に必要な鉄を供給できないことになるため、
不妊となったり、妊娠しても、
流産や早産のリスクがあったり、出産しても、
鉄不足のお子さんとなるおそれがあるのです(>_<)


さらに鉄不足は、
妊娠に備える生理不順の原因にもなるのです(>_<)

『「もしかして隠れ貧血?」~「ダイエット」通信(補足号その71)』


このように、
鉄不足は、女性特有の様々な不調をもたらすことになりますので、心当たりのある方は、一度、
フェリチン検査を行ってみてください。

フェリチン検査は、特別な検査ではなく、
一般の病院でも検査できますよ(^^)/

『血液検査から『隠れ貧血』を自分でチェックしてみよう!』


≪紹介記事≫
『女性は鉄分不足を自覚すればもっときれいになる。赤ちゃんの健康のためにも鉄を欠かすべからず。』



【糖質摂取と自律神経との関係】(2017.5.9)

糖質を摂ると、
食後に眠くなったり、その後お腹が空いてくると、イライラしたり怒りっぽくなったりしますよね(^^;

また、
糖質の過剰摂取を続けていると、
うつ症状などのメンタル面での悪影響が生じることもあります(>_<)

これらはいったい何故なのでしょうか?


紹介記事にあるように、
血糖値を下げるホルモンであるインスリンが分泌されると、
副交感神経が優位になります。

副交感神経は、休息時や、リラックス時や、睡眠時に優位になりますので、
インスリン分泌により副交感神経が優位になると、眠くなってしまうのです(^^;


一方、
血糖値を上げるホルモンであるアドレナリン、ノルアドレナリン、グルカゴン、コルチゾールなどが分泌されると、
交感神経が優位になります。

交感神経は、活動時や、興奮時や、ストレス時に優位になりますので、
アドレナリンやノルアドレナリンなどの分泌により交感神経が優位になると、興奮したりストレスを感じて、イライラしたり怒りっぽくなったりするのです(^^;

特に、
ノルアドレナリンは、怒りのホルモンとも言われていて、
ノルアドレナリンが分泌されると、よりイライラしたり怒りっぽくなったりするのです(>_<)


このように、
糖質の過剰摂取を続けていると、
血糖値の乱高下をまねき
インスリン分泌とアドレナリンやノルアドレナリンなどの分泌が頻繁に繰り返されますので、
交感神経と副交感神経のバランスも崩れ
メンタル面に悪影響を及ぼすことになるのです(>_<)

併せて、
糖質の過剰摂取により、ビタミンやミネラルが大量されますので、
脳におけるミトコンドリアでのエネルギー代謝が滞り、さらなるメンタル面への悪影響が生じてしまうのです(>_<)

『「糖質・アルコールで失われる栄養素とは?」~「ダイエット」通信(補足号その104)』


糖質制限を行うと、食後の眠気や、不眠やうつ症状も改善され、心穏やかになる方が多いのは、
血糖値が安定することにより、自律神経も整ってくるからなのですね(^O^)/

『「糖質制限による身体の改善効果」~「ダイエット」通信(補足号その74)』


みなさんも、
正しい食事
(糖質を控えてたんぱく質や脂質などをしっかり摂る)
を行うことで、
心も身体も健康になっていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『交感神経・副交感神経と糖尿病』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR