「ナイアシンの効果的な摂り方」~「ダイエット」通信(補足号その137)

こんにちは(^^)/

「ダイエット」通信補足号その137です(^^)/

今回は、
ナイアシンの効果的な摂り方についてお話しますね(^O^)/


ナイアシンは、ビタミンB群の一つでビタミンB3と呼ばれることもありますが、
代謝全般に関係し、身体の中で使用される箇所が最も多いビタミンと言われています。

ナイアシンの効果としては、藤川先生のお話のように、
高脂血症、統合失調症、学習障害、関節炎、冠動脈疾患、など数多くの疾患を改善させ、
唯一の副作用は、
「寿命延長」とのことです(^^)


ナイアシンの体内での合成効率は非常に悪いため、
サプリなどで摂ることがおすすめなのですが、
ナイアシンフラッシュが生じることもあり、
ナイアシンの摂り方にお悩みの方も多いかと思います(^^;

それでは、
ナイアシンの効果的な摂り方は、どのように行えば良いのでしょうか?

ナイアシン


初めに
ナイアシンの働きについて、まとめてみますね(^^)

詳しくは、藤川先生のノートなどをご覧になってください。

『藤川先生Facebook』


■エネルギー(ATP)代謝全般に関わる重要な補酵素

ナイアシンは、
代謝全般に関係し、身体の中で使用される箇所が最も多い補酵素(500以上)と言われています。

従って、
十分なナイアシンがないと、エネルギーを作り出すことができないため、ATPの最終合成に必要な
ビタミンCとともに、代謝全般にとって非常に重要なビタミンになります(^^)/


■たんぱく質合成において最重要なビタミン

ナイアシンは、
DNAの情報からたんぱく質を合成する際に、必須のビタミンになります。

従って、
身体の約37兆個の細胞を作るためには、ナイアシンが必須となり、
特に、消化器系、皮膚、神経系においてはとても重要なビタミンになります(^^)


■破壊されたDNAを修復

ナイアシンには
紫外線や放射線などで破壊されたDNAを修復する働きもあるため、
がん予防にも重要なビタミンになりますね(^^)/


■長寿遺伝子の活性化

長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子の活性化策の一つに、
エネルギー不足の状態になったときの、低エネルギー型のNAD+の増加があるのですが、
ナイアシンはこのNAD+の原料となりますので、
長寿のためにも重要になります(^^)/

『「エネルギー不足が長寿を促進する?」~広島大学履修生日記(食品健康科学 第5回)』


このように、
ナイアシンは、人の身体を作り、活動を行うためには欠かせないビタミンになりますので、
先ほどのお話のように、
高脂血症、統合失調症、学習障害、関節炎、冠動脈疾患、など数多くの疾患を改善させ、
唯一の副作用が、
「寿命延長」になるのですね(^^)/

『ナイアシンはコーディングとATP合成に関与して寿命を延長する(藤川先生の投稿より)』



それでは、
ナイアシンの推奨量はどの程度なのでしょうか?

藤川先生のお話では、
健康改善を目的にするのなら、
3g(3000mg)は必要で、
ビタミンCも同量(3g)は必要とのお話です。

一方、
厚生労働省の推奨量は、10mg台程度ですので、
これでは、ナイアシンが大幅に不足していることが分かりますよね(^^;

『ナイアシンの推奨量について』


このとき、ナイアシンを摂取するために、サプリを服用すると、
ナイアシンフラッシュが生じることがあります。

ナイアシンフラッシュは、
顔面紅潮、上半身のほてり、かゆみなどの症状で、
人によってはもっと強烈な様々な症状が生じることがありますので、ご存知ない方はビックリして、ナイアシンの服用を止めてしまう方もいらっしゃるかもしれません(^^;


しかし、
ナイアシンフラッシュは、身体の中にたまったアレルギーなどを引き起こすヒスタミンが放出されることで生じるものですので、ナイアシンフラッシュが治まってくると、
花粉症やアトピーなどのアレルギー症状も改善することになります(^^)/

言わば、
ナイアシンフラッシュは、身体の毒出しになりますので、ナイアシンの効果としても、
とても重要な働きの一つになるのですね(^^)

『ナイアシンフラッシュについて』



それでは、
ナイアシンの効果的な摂り方について、整理してみますね(^^)


【ナイアシンサプリの種類】

ナイアシンサプリには、
ナイアシンフラッシュが生じないタイプ
(ナイアシンアミド、ナイアシンエステルなどのフラッシュフリーのもの)
もありますが、
ナイアシンフラッシュによる毒出し効果も重要ですので、まずは、
ナイアシンフラッシュが生じる通常タイプのものを選ぶようにしてみてください。

藤川先生が仰るように、
まずはナイアシンが飲める身体になることが大切ですね(^^)/

『まずはナイアシンを飲める体になる(藤川先生の投稿より)』



【ナイアシンを摂る順番】

「ダイエット」通信でお話しように、
不足栄養素には、摂っていく順番があります。

『「不足栄養素を補うときの順番は?」~「ダイエット」通信(補足号その93)』


具体的には、
たんぱく質・脂質
→鉄
→マグネシウム・亜鉛
→ビタミンB群の順番

になりますので、まずは、
これらの不足状況が改善してから、ナイアシンを摂っていくのが良いと思います。

特に、ナイアシンフラッシュは、人によって様々な症状が生じ、
栄養不足により身体の不調を抱えた方では、ナイアシンフラッシュが負担になったり、その後治まってくることが分からなかったりすることがあると思いますので、
ナイアシンを摂るのは最後が良いと思います(^^)



【ナイアシンの服用量】

ナイアシン不足の方は、ビタミンB群も不足していることが多いと思いますので、まずは
ビタミンBコンプレックス(B-50)で、他のビタミンB群とともに50mg摂るようにしてみてください。

これが問題なく摂れるようになれば、ナイアシンサプリとしては、
100mgから始めることをおすすめします。


ナイアシンには、主に、
100mgタイプと500mgがありますが、
ヒスタミンが多くたまった方が500mgから始めると、ナイアシンフラッシュがかなり強烈に生じることが多いですので(^^;
まずは
100mgから始めて、様子を見ながら増量していくのが良いと思います。


100mgでナイアシンフラッシュが起きなければ、翌日は200mgと増量していき、
初めてナイアシンフラッシュが生じたときに、その分量を続けるようにしてみてください。

続けて服用していれば、身体にたまったヒスタミンが放出され、ナイアシンフラッシュが段々と治まっていくと思いますので、そうなれば、
また様子を見ながら増量するようにしてみてください。


一番最初のナイアシンフラッシュが治まると、それから増量していっても、ナイアシンフラッシュは出にくなると思いますが、問題ないからと言って、どんどん増量せずに、
身体の様子をよく見ながら時間をかけて増量するのが良いと思います。


私の場合は、500mgから始めて、ナイアシンフラッシュが1週間程度で治まったため、それから500mgずつ増量していきました。

その後、ナイアシンフラッシュが出ないと思い、1週間程度で3000mgまで増量したのですが、喉や目の不調にしばらく悩まされることになりました(>_<)

喉や目は、私の弱い箇所で、自分ではナイアシンフラッシュだと気がついていなかったのですが、
増量していくと、自分の身体の弱いところから、ナイアシンフラッシュによる違うタイプの毒出しが生じてくることがありますので、
私のように一気に増量せずに、
身体の変化を観察しながら、慎重に増量していくことをおすすめします。


最終的な服用量は、さきほどお話ししたように、健康改善を目的にするのなら、
3g(3000mg)を目標に頑張っていきましょう(^O^)/



【ナイアシン服用のタイミング】

ナイアシンは、
食後を避け、空腹時に摂るのが効果的です。

また、
水溶性ビタミンですので、ビタミンCと同じように、
1日で何回かに分けて摂るのが望ましいのですが、
ナイアシンフラッシュを効果的に生じるために、
ナイアシンフラッシュが治まるようになるまでは、1日1回まとめて摂ることで良いと思います。


私は、3000mg摂って、ナイアシンフラッシュがほとんど出なくなってから、1日3回1000mgずつ摂るようにしました(^^)



いかがでしたか?

ナイアシンの効果的な摂り方について、お分かり頂けたでしょうか?


私もこれまで色々なサプリを試しましたが、
ナイアシンが最も効果的だったと体感しています(^^)/


特に、ナイアシンフラッシュは、これまで経験したことのないような強烈な体験でしたが、
ナイアシンフラッシュが治まってくると、身体が非常に爽快になり、今では、これまで
自分の弱かった喉や目などの不調もなくなったため、とても良かったと思っています(^O^)/

ナイアシンを飲むようになってから、肌がきれいになったという女性のお話も良く聞きますので、
ナイアシンの代謝を活性化し、たんぱく質合成の促進、特に肌などに効果的な働きが表れているのでしょうね(^^)/


みなさんもぜひ、まずは
ナイアシンが飲める身体になって、
ビタミンCとともに3gを目標に頑張っていきましょうね(^O^)/



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR