(コラーゲンを増やすには、対症療法薬では病気は治らない)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【大切な役割を果たすコラーゲンを増やすには?】(2017.5.27)

【対症療法薬では病気は治らない!】(2017.5.28)
くびれ女性
【大切な役割を果たすコラーゲンを増やすには?】(2017.5.27)

コラーゲンは、
美肌のためにとても大切と多くの女性は思われていますよね(^^)

しかし、
コラーゲンは、肌だけでなく、
筋肉・内臓・骨・血管・関節・目・髪など、あらゆる身体の組織に必要なたんぱく質の一つ
で、
身体の中のたんぱく質の
約30%を占めている
のです(^^)/


コラーゲンの役割は、
細胞と細胞を結び付け、各組織をサポートし、柔軟性と弾力性をもたらす効果があります(^^)

特に
コラーゲンが多い組織は、
■肌が約70%の他にも
■血管が約90%
■軟骨が約50%
■骨が約30%
など、
身体の様々な重要な組織で大切な役割を果たしているのです(^^)/

従って、
コラーゲンが不足してくると、
肌のみならず、血管や関節や骨などが衰えてきますので(>_<)
しっかりとコラーゲンを作り出す必要がありますよね(^^)


しかし、紹介記事にあるように、
コラーゲンドリンクなどを摂っても、分解されてアミノ酸になるため、
それがまた全てコラーゲンになる訳ではありません
ので、
コラーゲンの元になる
「たんぱく質」
と、
コラーゲン生成に必要な
「ビタミンC」と「鉄」

しっかり摂る必要があります。


特に
女性は、これらの、たんぱく質・ビタミンC・鉄が不足している方が多いですので、
肉やたまごなどのプロテインスコアの高い動物性食品をしっかり摂り
ビタミンCや鉄はサプリなどで十分に補うことが大切ですね(^^)

ビタミンCはビタミンEとセットで摂ることで、より強い抗酸化作用が発揮されますので、
肌のシミ・しわ・老化対策としても、しっかり摂るようにしましょうね(^^)/

『【ビタミンCの効果的な摂り方】および【ビタミンEの素晴らしい効果】』


≪紹介記事≫
『コラーゲンは体内で作られる!だからコラーゲンの材料をしっかり摂ろう!』



【対症療法薬では病気は治らない!】(2017.5.28)

健康診断で血圧やコレステロールなどの異常値を指摘され、二次検診で病院に行くと、
血圧降下剤やコレステロール降下剤などの薬を飲むように言われることがよくあると思います。

そこで医者の言うとおりに
薬を飲んでいると、初めは正常値に下がっていても、段々と高くなってきて、さらに薬を増やすように言われたりすることもあるのではないでしょうか(^^;

また、
薬を飲むたびに、めまいや頭痛など身体の不調が出てくることもあり、それを医者に言うと、今度は別の薬を飲むように言われたりすることもあるのではないでしょうか(^^;

気がつくと、
毎日飲む薬の量や種類が非常に増えてしまい、また
いつも身体の調子が悪いという方もいらっしゃるのではないでしょうか(>_<)


「ダイエット」通信でお話ししたように、、
血圧降下剤やコレステロール降下剤などの薬は、対症療法薬ですので、病気の症状を緩和することができても、
病気の原因そのものが治ることはありません(>_<)

『「薬では病気は治らない?」~「ダイエット」通信(補足号その81)』


対症療法薬は、あくまで病気の諸症状を緩和したり取り除くことが目的ですから、
対症療法薬を使用しながら症状の悪化を抑えつつ、併せて病気の根本原因を解明し、治療していくことが必要になります。

例えば、
血圧が高い原因やコレステロールが高い原因を改めずに、対症療法薬を飲み続けても、病気が治ることはありませんし、
むしろ、
薬の副作用で様々な不調が起きたり、病気の原因が放置されていることから、病気が悪化してしまうのです(>_<)


ほとんどの病気の原因は、
身体の細胞の機能不全やエネルギー不足によるものです。

そして、
細胞の機能不全やエネルギー不足は、
■糖質の過剰摂取
■必要栄養素(たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)の不足
■オメガ6の過剰摂取・オメガ3の不足
■ミトコンドリアを悪化させる生活習慣(過度なストレス、睡眠不足、過度な飲酒・喫煙・運動等)

などが原因になります(>_<)

『「病気は全て繋がっている」~「ダイエット」通信(補足号その94)』


多くの医者は大学で正しい栄養学を学んでいませんから、一部の医者を除いて、
間違った食生活や生活習慣が原因で病気になることをご存知ない医者が非常に多いです(>_<)

従って、病院に行くときには、
正しい食事・栄養治療を行う病院で診て頂き

■正しい食生活
(糖質を控えて、必要栄養素や発酵食品などをしっかり摂り、脂質やミネラルなどのバランスも取る)
■正しい生活習慣
(過度なストレス・飲酒・喫煙・運動などを避け、しっかりと睡眠を取るなど)
によって、
病気の根本原因をしっかりと治していくようにしましょうね(^^)/

『「正しい食事・栄養治療を行う病院」~「ダイエット」通信(補足号その84)』


≪紹介記事≫

『高血圧や高コレステロールの薬はかえって危険!寝たきりやボケを引き起こす!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR