(胃腸の疲れ回復法、褐色脂肪細胞の活性化)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【胃腸の疲れにはオートファジーの活性化】(2017.6.7)

【褐色脂肪細胞の活性化には肩甲骨トレーニング】(2017.6.8)
くびれ女性
【胃腸の疲れにはオートファジーの活性化】(2017.6.7)

いつも胃が重かったり、食欲がなかったりと胃腸の調子が悪い方は、
胃腸が疲れていて、胃腸の消化・吸収能力が低下しているのかもしれませんね(>_<)


「ダイエット」通信でお話ししたように、
1日の消化エネルギーはフルマラソンにも匹敵するとも言われるほど、食事の消化には非常に大きなエネルギーを使います。

それなのに、3食しっかり食事を摂っていて、お腹が空いたら間食するなど、
胃腸が休む間もなく食べ続けていると
胃腸がとても疲れてしまい、胃腸の働きが低下してしまいますよね(>_<)

『「身体に良いのは1日何食?」~「ダイエット」通信(補足号その122)』


さらに、
十分な空腹時間がないと、紹介記事にあるように、
オートファジーの働きが低下し、身体の約37兆もある細胞の新陳代謝が滞ってしまうことになります(>_<)

特に、
胃粘膜は、最も新陳代謝期間の短い組織ですので(数日で入れ替わります)、オートファジーによって、古くなったり、劣化した胃粘膜細胞を新しい細胞に入れ替えていかないと、
すぐに胃腸の消化・吸収能力が大幅に低下してしまうことになるのです(>_<)


オートファジーを活性化するのは、
ファスティングにより空腹時間を作ることが効果的ですが、
1日2食や1日1食の食生活にすることでも、十分な空腹時間ができますので、
毎日オートファジーは活性化します(^^)/

さらに、「ダイエット」通信でお話ししたように、
糖質とたんぱく質を摂らずに、脂質のみを摂ることでもオートファジーは活性化しますので、朝食や昼食や間食として、バターや生クリームなどの脂質を摂る(バターや生クリームをコーヒーやココアなどに入れても良いですね)ことでもOKですし、脂質エネルギーで、お腹も空かなくなり、スタミナもつきますよね(^O^)/

『「オートファジーを活性化するには」~「ダイエット」通信(補足号その96)』


胃腸が疲れて、消化・吸収能力が低下していると、十分な食事もできず、せっかくの栄養も十分に消化・吸収できませんから、
まずは胃腸を休めて、消化・吸収能力を向上させた上で
十分な栄養を摂って、しっかり胃腸を休める食生活になるようにしてみてくださいね(^^)/


なお、
糖質の摂りすぎによる胃腸の糖化や、胃酸の出過ぎも、
胃もたれなどの原因になりますので、糖質も控えるようにしてくださいね。

『「胃もたれ等の補足説明」~「ダイエット」通信(補足号その9)』


≪紹介記事≫
『胃腸の不調でがん、動脈硬化、認知症のリスク増…プチ断食、見た目の若さや健康に劇的効果』



【褐色脂肪細胞の活性化には肩甲骨トレーニング】(2017.6.8)

女性に多い冷え性・低体温の方や、なかなか痩せにくい方は、
褐色細胞を活性化すると効果的ですよ(^O^)/


以前ご紹介したように、
体脂肪には、
■体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積する白色脂肪と、
■体脂肪を燃焼し熱を産生する褐色脂肪があり、
この
褐色脂肪には、
白色脂肪が蓄えたエネルギーを使って熱を産生する脂肪燃焼効果があるのです(^^)/

『体脂肪を燃焼してくれる褐色脂肪とは?』


褐色細胞は、赤ちゃんの頃には身体全体に存在していて、
まだ筋肉の少ない赤ちゃんの体温を高めて免疫力を向上させる働きを行っています。

赤ちゃんが体脂肪が多いのに、体温が高くて温かいのは、褐色細胞が多いからなのですね(^^)


しかし、
成長とともに筋肉が増えてきますので、それに応じて褐色細胞も減少していき、
成人になると、褐色細胞は、主に肩甲骨周りと内臓周りにのみ存在することになります。

従って、
褐色細胞の活性化には、
肩甲骨周りを刺激することが効果的なのです(^^)/


肩甲骨周りは、股関節回りとともに、身体の体幹を繋ぐ蝶つがいの役割にもなっていますので、
肩甲骨周りの柔軟性を保つことは、身体にとっても非常に大切ですね(^O^)/

逆に、
肩甲骨周りがガチガチだと、
猫背や肩こりや頭痛などの原因になりますので(>_<)
いつも意識してトレーニングするようにしましょう(^^)


肩甲骨周りのトレーニングは、
肩甲骨ストレッチや肩甲骨はがしが効果的です(^^)/

『一流アスリートの「肩甲骨ストレッチ」が凄い!』

『肩こりすっきり!肩甲骨はがし』


また、
運動では、紹介記事にあるように、
水泳が最も効果的です(^O^)/

水泳は、肩甲骨周りを低い水温で刺激し、肩甲骨も含めた全身をよく使う運動で、
褐色細胞とともに、体幹などの筋肉トレーニングにもなりますので、おためしくださいね(^^)/


≪紹介記事≫
『褐色脂肪細胞の活性化』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR