体に優しい学食(東洋大学)

昨日は東洋大学白山キャンパスに行ってきました。ここは、学食が充実していることが有名とのことでしたので、楽しみにしていました。
白山キャンパスは、都営地下鉄三田線白山駅から徒歩5分、東京メトロ南北線本駒込駅から徒歩5分の所にあります。
都心型のビル状キャンパスで、その景観には圧倒されます。中に入ってみても、いくつもの建物が連なり、構内図がないと迷路のような状態でした。

学食は、各所に点在しており、もっとも大きい6号館の地下には、カレーやパスタ、鉄鍋におにぎり屋など多くのお店があるフードコートのような学生食堂があります。
この中の、Deli&Cafe(デリ&カフェ)で食べることにしました。ここは、8種類のサラダから3種類を選んで、メインディッシュとドリンクが付いて500円とリーズナブルなランチがありますので、その中の、チキンの鉄板焼明太子風味のタルタルソースの食券を買い注文をしてみました。
サラダを選んで待っていると、メインディッシュに大盛りのごはんにチキンの鉄板焼が乗ったプレートが出てきました。てっきり、ごはんは別なのでいらないと言おうと思っていたのですが、意表をつかれてしまってそのまま持っていかざるをえなくなりました。

このごはんは、かなりボリュームがあり、ごはんがなくても、女性なら十分お腹が一杯になる量だと思いましたが、栄養バランスを整えるため、急遽学生食堂の隣にあったセブンイレブンに行って、ゆでたまごとさけるチーズを購入してきました。

本日のメニューは、チキンの鉄板焼明太子風味のタルタルソース(動物性たんぱく質)、サラダ3種~ベーコンとインゲンのソテー・ツナとキャベツのコールスローサラダ・ワカサギのエスカベッシュ(動物性たんぱく質、野菜)、ゆでたまご(動物性たんぱく質)、さけるチーズ(発酵食品)、アイスコーヒーで、総額681円でした。
大盛りごはんは残しましたので、動物性たんぱく質と野菜が豊富な体に優しい学食でした。

炭水化物が多いメニューは学食に多いのですが、活動エネルギーが多く、基礎代謝も高い学生であれば確かに問題にはならないのですが、彼ら・彼女らも、いずれは年齢とともに活動量と基礎代謝が低下してきますので、このような食事をしていると糖質過多になって、脂肪が蓄積され体に悪い状態になってしまいます。
そういうことを知らずに食事をしている学生を見ると、つい言ってしまいたくなる衝動に駆られるのですが、見ず知らずのおじさんにいきなり話しかけられると危ないおじさんではないか、と思われてしまうので、じっと我慢して立ち去るしかありませんでした(汗)

特に、若い女性には、これから結婚して家庭を作り、こどもを生んで育てていくことを考えると、ぜひ正しい食事の知識を身につけて欲しいなと思い、お話しする機会があればお伝えするようにしています。
たいてい、若い女性は、ダイエットや美容について関心が高く、正しい知識を持っている方は少ないので、お話するとみなびっくりして前向きに対応されることが多いです。
しかし、個別対応では限界がありますので、もう少し情報発信のあり方についてもこれから考えていきたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR