(MCTオイルの本当の効果、味噌汁の腸内環境W改善効果)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【MCTオイルでケトン体モードになるのか?】(2017.7.5)

【味噌汁による腸内環境のW改善効果】(2017.7.4)
くびれ女性
【MCTオイルでケトン体モードになるのか?】(2017.7.5)

MCTオイルをコーヒーなどに入れて摂っている方もいらっしゃると思いますが、みなさんの
MCTオイルを摂る目的は何なのでしょうか?

ダイエットのため?
ケトン体を増やすため?
健康のため?


みなさんはどうでしょうか?


MCTオイルにはココナッツオイルにも7割程度含まれている
中鎖脂肪酸が100%入っています。

「ダイエット」通信でお話ししたように、この
中鎖脂肪酸は、動物性商品などに多く含まれる長鎖脂肪酸に比べて
■消化・吸収・代謝速度・効率も良く、
■ケトン体も非常に効率的に作り出すことができますが、

一方で、
■スタミナ切れになるのも早い面
もあります。

『「ココナッツオイルダイエットって本当?」~「ダイエット」通信(補足号その118)』


このことから、
MCTオイルを摂ると、ケトン体モードになって体脂肪も燃焼すると思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、
ケトン体が増えることと、
ケトン体モードになることは

別の話
なのです(^^;


ケトン体モードになるためには、
体脂肪をエネルギー源として常時ケトン体を作り出すことが必要になります。

体脂肪をミトコンドリアに取り込んで肝臓でケトン体を合成するためには、長鎖脂肪酸と同様に、
■ミトコンドリアに取り込むための「L-カルニチン」が必要
■スーパー糖質制限のような厳しい糖質制限を行う必要があります。

一方で、
中鎖脂肪酸から肝臓でケトン体を合成するためには、
■「L-カルニチン」は不要
■厳しい糖質制限を行なわなくても大丈夫なのです。


この理由は紹介記事で吉冨さんが仰っているように、
中鎖脂肪酸には細胞毒性があり、ミトコンドリアなどはこれらを嫌うため、体内に中鎖脂肪酸を貯めこまずに、すぐにエネルギーとして利用しようとするからなのです(^^;
(吉冨さんが仰っているように、細胞毒性があるからと言って中鎖脂肪酸を摂ることが身体に悪いというわけではありません。)

従って、
中鎖脂肪酸は、ケトン体を合成してエネルギーを作る方式が長鎖脂肪酸や体脂肪とは異なりますので、
MCTオイルを摂ってケトン体が増えたとしても、それによって
ケトン体モードになって常時体脂肪燃焼する身体になる訳ではないのです(>_<)

もっとも、MCTオイルを摂っているけどケトン体モードになっていて、MCTオイルが切れている朝起きたときでもケトン体は1000(μmol/L)以上あるという方もいらっしゃるかもしれませんが、
そのような方は
MCTオイルを摂らなくても、動物性脂質などの摂取によってケトン体モードになっているだけなのです(^^;


まとめますと、
MCTオイルで中鎖脂肪酸を摂ると
■ケトン体は増えますが、
■それだけでケトン体モードになって、常時体脂肪燃焼が進むわけではありません。

MCTオイルは、もともと医療用として開発されてきたもので、素早く効率的にエネルギー補給ができることから、
高齢者や病人などの栄養不足の方には効果的な食品になります。

しかし
健康な方や健康を目指していく方にとっては、MCTオイルの効果は一時的なものにすぎませんので、

■スーパー糖質制限
■適度なたんぱく質
■十分な脂質(動物性脂質などの長鎖脂肪酸が豊富なもの)
による
ケトン食を摂ることで、ケトン体モードに切り替えていき、
常時体脂肪が燃焼してケトン体を作り出す、美しく健康的な身体を目指していくことが大切ですね(^^)/

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』


くれぐれも、
MCTオイルダイエットなどの言葉に騙されて、高いMCTオイルを購入することがないように気をつけましょうね(^^;


≪紹介記事≫
『中性脂肪に短鎖・中鎖脂肪酸が取り込まれない理由』



【味噌汁による腸内環境のW改善効果】(2017.7.4)

みなさんは、
毎日味噌汁を摂っていらっしゃるでしょうか

味噌汁は和食の伝統的な料理ですが、和食以外を食べるときには、味噌汁は摂っていない方もいらしゃるのではないでしょうか(^^;


紹介記事にもあるように、
味噌は、米や麦や豆を原料として、麹菌と酵母と塩を加えて、発酵・熟成させて作る発酵食品です。

発酵・熟成によって、うま味、甘み、香りなどの自然な味わいが生まれてくるとともに、
発酵食品として腸内環境を改善し、免疫力を高め、冷え性や便秘などを改善する効果がありますよね(^^)/

特に、
味噌の原料である米麹菌は、
少量でも、善玉菌のエサとして、食物繊維やオリゴ糖よりもはるかに強力な効果が発揮されることが発見されました(^O^)/

『「米こうじは善玉菌のエサ!」~広島大学履修生日記(食品微生物学 特別編)』


従って、
味噌汁を摂ると、腸内細菌を増やしてそのエサにもなるという、
Wで腸内環境の改善効果
があるのですね(^O^)/


味噌を選ぶときは、
原材料をよく見て、無添加で厳選されたものを選ぶようにしてくださいね。

『「発酵食品の選び方(ヨーグルト、納豆、チーズ、味噌編)」~「ダイエット」通信(補足号その67)』


減塩タイプや、出し入りタイプなどの味噌は、
添加物が多く、せっかくの味噌の効果が台無しになってしまいますので(>_<)
十分にお気をつけてくださいね。


≪紹介記事≫
『味噌を科学する ~伝統食の味噌汁は、現代人の食べる処方箋~』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR