(糖質で体脂肪燃焼ストップ、美脚のためのトレーニング)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【糖質を摂ると体脂肪燃焼がストップする!】(2017.7.10)

【すらりとした美脚のための正しいトレーニング】(2017.7.9)
くびれ女性
【糖質を摂ると体脂肪燃焼がストップする!】(2017.7.10)

糖質を摂りすぎると太ることはみなさん良くご存知だと思いますが、
糖質を少しでも摂ると体脂肪燃焼がストップしてしまうことはご存知でしょうか?


体脂肪燃焼は、ミトコンドリアで脂肪酸・ケトン体代謝を行う必要がありますが、
少しでも糖質を摂ると、
解糖系での糖質代謝が優先してしまい、ミトコンドリアでの体脂肪燃焼がストップしてしまうのです(>_<)

その原因は水野先生のお話のように、
糖質を摂ることで追加インスリンが分泌されるからなのです。


「ダイエット」通信でもお話ししたように、
インスリンには体脂肪としてエネルギーを蓄える働きがありますので、体脂肪燃焼、つまり体脂肪をミトコンドリアに取り込んでエネルギーとして使用していても、
追加インスリンが分泌されると体脂肪を取り込んでエネルギーにする働きがストップしてしまうのです(>_<)

『「糖尿病になりやすい日本人は長寿民族!」~「ダイエット」通信(補足号その92)』


他にも
追加インスリンの大量分泌によって

■活性酸素の発生により、身体の酸化が進行し、
■オートファジー機能の抑制により、細胞の劣化・悪化を招き、
■ケトン体合成を阻害することにより、がん細胞の増殖・活性化を招く

などの
様々な病気や老化の原因になってしまうのです(>_<)


追加インスリンの分泌は、紹介記事でお話ししたように

■糖質摂取は、大量のインスリンを追加分泌させ、
■たんぱく質摂取は、一部のアミノ酸が少量のインスリンを追加分泌させ、
■脂質摂取は、ほとんどインスリンを分泌させません


『糖質・たんぱく質・脂質摂取でのインスリン分泌の違い』


従って、
糖質を極力控えることが、最も追加インスリンの分泌を抑制することになりますので、
それによって、
体脂肪燃焼を促進し、身体も健康になっていくことになり、
まさに
美しく健康的なダイエットのためにはとても大切なのですね(^O^)/

糖質を控えた分は、たんぱく質や脂質などの必須栄養素をしっかり摂る正しい食事を行っていくようにしましょうね(^^)/


≪紹介記事≫
『脂肪酸・ケトン体の代謝と糖質の代謝は同時にできない?』



【すらりとした美脚のための正しいトレーニング】(2017.7.9)

女性の方々は、
すらりとした美脚が憧れだと思いますが、そのためには
正しいトレーニングが大切になります(^^)


紹介記事にもあるように、
筋肉には、太くなる筋肉(速筋)
細くなる筋肉(遅筋)
があります


速筋は、解糖系が中心になりますので、
強く修敏な動きを行うことができる一方、スタミナ切れも早く疲れやすい筋肉になります。

また
遅筋は、ミトコンドリア系が中心になりますので、
動きはゆっくりになりますが、スタミナがあって疲れにくい筋肉になります。


太ももの前側・外側の筋肉は速筋が多く、普段歩いたり走ったりするときによく使う筋肉になりますので、
スクワットなどの通常の筋トレを行うと、これらの速筋が鍛えられ、太ももが太くなってしまいます
(いわゆる筋肉太り)(^^;

一方、
太ももの裏側・内側の筋肉は遅筋が多く、普段あまり使わない筋肉
になりますので、
体脂肪がついてしまい、太くなったりたるみがちです
(いわゆる脂肪太り)(>_<)

従って、
すらりとした美脚のための正しいトレーニングは、紹介記事にあるような方法で、
太ももの裏側・内側の遅筋を鍛えることが大切ですね(^^)/

遅筋を鍛えると、
ミトコンドリアが活性化し、その近くにある体脂肪がエネルギー源として燃焼しますので、
脂肪太りも解消していきますよ(^O^)/

スクワットを行うときも、
通常のスクワットであれば、太ももの前側・外側の速筋が鍛えられてしまいますので(^^;
足を開いてつま先を外側に向けてスクワットを行うと、太ももの裏側・内側の遅筋が鍛えられますので、とても効果的ですね(^^)/

他にも、「ダイエット」通信でお話ししたような
「サイドランジ」や、ジムの筋トレマシーンの
「ヒップアダクション」(太ももを閉じるタイプ)などが効果的
です(^^)/

『「メリハリのある身体になるには(中編)」~「ダイエット」通信(補足号その42)』

『「細くなる筋トレマシーンの使い方」~「ダイエット」通信(補足号その75)』


下半身には全身の筋肉の約7割が集中していますので、
遅筋を中心に鍛えることで、
すらりとした美脚になるとともに

基礎代謝も上がり、冷え性や足のむくみも改善し、足の衰えに伴う老化防止にもなりますから、ぜひこれらの正しいトレーニングを毎日続けていきましょうね(^^)/


≪紹介記事≫
『筋肉太りの脚は嫌!ムキムキ太ももをすらっと美脚に変更しよう!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR