(腹横筋の効果的トレーニング、インスリンの功罪)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)

『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【腹横筋の役割と効果的なトレーニング】(2017.7.23)

【インスリンの基礎分泌と追加分泌の功罪】(2017.7.24)
くびれ女性
【腹横筋の役割と効果的なトレーニング】(2017.7.23)

お腹や下腹が気になったり、腰痛を抱えている方もいらっしゃると思いますが、その際に
ポイントになるのは、
「腹横筋」と言うお腹周りの筋肉
になります(^^)

紹介記事にあるように、
腹横筋とは、腹部の筋肉の中で、最も内側の内臓側にあるインナーマッスルなのです。

腹横筋は、内臓を包み込むように発達している筋肉で、内臓を守るインナーマッスルですので、コルセットのように働いて体幹と腰まわりを安定させてくれる、言わば
「天然のコルセット」です(^^)


この
腹横筋が弱くなったり衰えてくると

■内臓を支える力が弱くなり、内臓が下がってきて、お腹周りが太くなったり、下腹ぽっこりになったり、
■腰回りの引き締めが弱くなるため、くびれがなくなったり、
■天然のコルセット効果が乏しくなるため、腰痛などの原因になったり、

することになります(>_<)

しかし、
腹横筋は、通常の腹筋トレーニングなどで鍛えることは難しいため、体幹トレーニングが重要になります(^^)/

腹横筋トレーニングとしては、
いつでもどこでもできるドローインがおすすめですね。

日頃から
正しい呼吸法(鼻呼吸、腹式呼吸、深い呼吸)を行うことで、
腹横筋のトレーニングとミトコンドリアでの代謝の活性化にもなります(^O^)/

『「美しく健康的なダイエットのための呼吸法」~「ダイエット」通信(補足号その28)』


ドローインの他にも、
腹横筋を鍛える筋トレとしてはこのようなメニューがあります。

『腹横筋を鍛える筋トレメニューBEST4』


中でも
通常のプランクの際に、ドローインを組み合わせて、深い腹式呼吸を行いながらやると、とても効果的ですよ(^O^)/

『「メリハリのある身体になるには(前編)」~「ダイエット」通信(補足号その41)』


どのようなトレーニングでも
毎日続けることが一番大切ですので、
ご自分に合った方法で、無理のない範囲で続けていってくださいね(^^)/


≪紹介記事≫
『腹横筋が見てわかる!図解7選』



【インスリンの基礎分泌と追加分泌の功罪】(2017.7.24)

糖質を摂りすぎると太ることはみなさんご存知だと思いますが、
その原因は何だったのでしょうか

糖質を摂ると血糖値が上昇して、それを取り込むために
インスリンが分泌されるのでしたよね。

インスリンは
「肥満ホルモン」とも呼ばれ、その役割の一つが
脂肪の合成の促進、脂肪の分解の抑制ですので、
糖質を摂って大量のインスリンが分泌されると、
体脂肪として蓄積され、太ってしまうことになるのですね(>_<)


インスリンは、

■糖質を摂ると、大量に分泌され、
■たんぱく質を摂ると、少量分泌され、
■脂質を摂ると、ほとんど分泌されません

ので、
糖質を控えて、適度なたんぱく質と十分な脂質を摂っていれば、太ることはありませんし、
体脂肪がエネルギーとして分解されて痩せることになるのですね(^O^)/

ただし、
脂質も糖質と一緒に摂ると
大量のインスリンが分泌されて、全て体脂肪になってしまいます
のでご注意くださいね(>_<)

『「焼肉とご飯と焼肉定食の太り方の違い」~「ダイエット」通信(補足号その116)』


それではインスリンが身体にとって不要かと言うとそうではなく、江部先生のお話のように、インスリンには基礎分泌と追加分泌があって、この
基礎分泌で身体にとって必要なインスリンが分泌されるようになっています。

それは、
身体の中には、解糖系で糖質からエネルギーを作らないといけない組織があり(赤血球、速筋、腸の粘膜、表皮など)、これらには
糖新生で必要なブドウ糖を体内で合成し、それをインスリンの基礎分泌で取り込むことでエネルギーとして使用できるようになっているのです(^^)


一方、
追加分泌されたインスリンは、肥満の原因となる他にも、「ダイエット」通信でお話ししたように、

■活性酸素を発生させ、酸化をもたらし、病気や老化の原因になる
■オートファジー機能を抑制し、古くなって劣化した細胞の新陳代謝を阻害する
■ケトン体の合成を阻害し、がん細胞の増殖・活性化を促進する

などの
身体にとって悪影響を与えることになるのです(>_<)

『「糖尿病になりやすい日本人は長寿民族!」~「ダイエット」通信(補足号その92)』


従って、
美しく健康的な身体を手に入れるためには
インスリンの追加分泌を抑えて、極力基礎分泌だけとすることが大切になりますね(^O^)/

そのためには、
インスリンを大量に追加分泌する糖質の過剰摂取を控えて
適度なたんぱく質と十分な脂質を摂る正しい食事が重要
になってくるのです(^^)/

ぜひ、
これらの正しい食生活と、
過剰な活性酸素の発生を抑える正しい生活習慣(過度な飲酒、喫煙、過度な運動、過度なストレス、睡眠不足などを避ける)を行なうことで、
美しく健康的なダイエットを成功させていきましょうね(^O^)/


≪紹介記事≫
『インスリンの功罪』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR