FC2ブログ

(コーヒーを飲むと血糖値が上がる?、つわりになるのはなぜ?)公開紹介記事

Facebookグループ
「美しく健康的なダイエット」グループ
美しく健康的なダイエットに関する記事の一覧の中から、
人気のあった記事について、頂いたコメントももとに再編集したうえで、
定期的にご紹介しています(^^)


今回ご紹介するのは、以下の2つの記事です(^^)

【コーヒーを飲むと血糖値が上がる?】(2017.11.5)

【つわりになるのはなぜ?】(2017.11.7)
くびれ女性
【コーヒーを飲むと血糖値が上がる?】(2017.11.5)

バターコーヒーなどで毎日コーヒーを飲まれている方もいらっしゃると思いますが、
コーヒーを飲むと血糖値がかなり上昇することがありますので、
特に血糖値の高い方などは十分に気をつけてくださいね(^^;

確かに
コーヒー自体に含まれる糖質は微量ですので、
通常の方であれば糖質量が特に問題になることはありません

『コーヒー~カフェインと血糖値』


しかし、紹介記事にあるように、
コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激しアドレナリンが分泌されますので、
それによって血糖値がかなり上昇することがあるのです!

実際、新井先生のお話にもあるように、
カフェインに過敏な方がコーヒーを飲んだ際に、
アドレナリンがかなり分泌され、糖新生によって血糖値が170mg/dlまで上昇してしまったとのことです(>_<)

『糖新生による血糖値スパイク』


コーヒーに含まれる
カフェインは摂りすぎると
不眠・動悸・いらいら・頭痛・振戦・神経過敏などのカフェイン過剰症状が起きることがありますし、
中毒性がありますので、
摂り続けると、カフェイン依存症になってしまい、様々な健康被害をもたらしかねません(>_<)

『カフェインの過剰摂取による健康被害』


よく
コーヒーを飲んでいると、死亡率が低下したり、糖尿病の予防になると言われることがありますが、これは吉冨さんのお話のように、
カフェインによる効能ではなく、コーヒーに含まれるポリフェノールなどによるものだと言われています。

『カフェインのワナ』


従って、
毎日コーヒーを何杯も飲んでいる方は、カフェイン依存症のおそれがありますので、十分にご注意頂き、それが
止められないときには、コーヒーの代わりにココアをおすすめします(^^)/

ココアは、カフェインがほとんどなく、マグネシウムやカリウムや鉄などのミネラルも豊富ですので、
100%ココアに生クリームやバターやプロテインなどを入れて飲むと、ホットでもコールドでも美味しいですよ(^o^)/


≪紹介記事≫
『コーヒー中毒になっていませんか?カフェインの依存性をわかりやすく解説』



【つわりになるのはなぜ?】(2017.11.7)

妊娠中のつらいことの一つには「つわり」があると思いますが、このつわりはなぜ起きるのでしょうか?

宗田先生は「ケトン体が人類を救う」の中で、
新生児、胎児、妊婦ともに
■高ケトン体
■低血糖値
■低インスリン

であることを実証されました。

『「美しく健康的なダイエットのための参考書籍」~「ダイエット」通信(補足号その1)』


これは、
新生児や胎児は、糖質エネルギーではなく、安全で効率の良いケトン体エネルギーであるため、
胎児にケトン体エネルギーを供給できるように、妊婦も早い段階から高ケトン体になっていることを表しているのですね(^^)/

例えば、
妊婦が糖尿病を発症(妊娠糖尿病)しやすいのは、
妊娠中は高ケトン体になるようにインスリン分泌が抑えられるため、
糖質を摂ると高血糖になりやすく、その結果妊娠糖尿病が発症してしまうのです(>_<)


つわりも、紹介記事で萩原さんが仰っているように、
妊婦がケトン体を作り出そうとする身体の表れだと考えられます。

つまり、
つわりで食欲がなくなり食事を摂らなくなると、
絶食によりケトン体が作られ、胎児にケトン体エネルギーの供給を行うことができるからなのですね(^^)/

従って、
妊娠中には、糖質制限+適度なたんぱく質+高脂質によるケトン食を摂ることで、ケトン体モードになりますから、
つわりや妊娠糖尿病などで苦しむこともなく、元気なお子さんを出産することができるのです(^O^)/

『「ケトン体モードにするには?」~「ダイエット」通信(補足号その105)』

『「ケトン体モードにならない方へ」~「ダイエット」通信(補足号その123)』


また、特に
胎児には十分な鉄が必要になりますので、
フェリチンが低い方は、フェロケルなどでしっかり鉄補給を行ってくださいね

『「もしかして隠れ貧血?」~「ダイエット」通信(補足号その71)』


鉄吸収率を上げるには、たんぱく質とビタミンCが必要になりますので、これらも併せてしっかり摂るようにしてください。

妊娠中にすっぱいものが欲しくなるのも、ビタミンCを摂ることで鉄吸収率を上げようとする身体の表れなのですね。

これから、妊娠・出産を行う方は、ぜひ、
■宗田先生の
「ケトン体が人類を救う」

■藤川先生の
「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」
をご覧になって、
ケトン体と鉄の必要性について十分ご理解頂いてくださいね(^^)/


≪紹介記事≫
『「ケトン体は人類を救う」産婦人科医である宗田先生の名著を紹介する!』



Facebookグループ「美しく健康的なダイエット」グループにご参加くださいね(^O^)/

『「美しく健康的なダイエット」グループ』


『美しく健康的なダイエットグループ紹介記事』

『公開紹介記事 【目次】』

『「ダイエット」通信 【目次】』

『ブログ「優しく生きたい」【総合目次】』

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

山本越郎

Author:山本越郎
30年間勤務した生命保険会社を早期退職して、世の中の頑張っているけど上手くいかずに困っている方々を助けるために、教育問題と医療問題に取り組んでいます。
このブログはFacebookにも投稿していますので、コメントなどはFacebookでお願いします。
Facebookユーザーネーム:yart0108

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR